HOME > レビュー > 新幕面“フェネル”を採用した超単焦点プロジェクター用スクリーン「AR100H2-FALR3」をVGP審査員が徹底レビュー

ホームシアターCHANNEL 連携企画

新幕面“フェネル”を採用した超単焦点プロジェクター用スクリーン「AR100H2-FALR3」をVGP審査員が徹底レビュー

2022/06/27 ホームシアターCHANNEL編集部
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
■VGP2022 SUMMERで金賞&企画賞を獲得!

多数のスクリーンブランドがあるなか、確かな技術力とクオリティを持ち合わせ、グローバルで高い評価を得ているブランドが「ELITE SCREENS(エリートスクリーン)」です。北米でも人気が高く、クオリティの高いスクリーンがリーズナブルな価格で手に入れられるブランドとしても認知されています。

VGP2022 SUMMERにて「AR100H2-FALR3」は金賞を受賞するとともに、新幕面 “フェネル” シリーズとして企画賞も受賞しました

超短焦点プロジェクター用スクリーンのラインアップを広げているエリートスクリーンから、明るいリビングにおいても超短焦点プロジェクターの映像美を堪能できる「AR100H2-FALR3」が登場。新幕面 “フェネル” を採用した本製品は、明るさはもちろん精彩感や暗部表現にも優れた製品として、オーディオビジュアルアワード「VGP2022 SUMMER」で特別賞・金賞を獲得しました。本稿では、VGP審査委員長を務める大橋伸太郎氏による徹底レビューにて、その魅力をご紹介します。

突っ張り棒などを使いこなせば既存マンションでもDIYで設置が可能です。本稿では、その設置方法もご紹介しています

>>つづきは「ホームシアターCHANNEL」で!

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE