【連載】ガジェットTIPS

スマートスピーカー、“音を鳴らさない”使いみちも案外便利!

  • Twitter
  • FaceBook
海上忍
2021年07月30日
スマートスピーカー、使ってますか? そういえば最近ご無沙汰だなあ...という方、多いのではないでしょうか。音がイマイチとか突然話し出してうるさいとか、いろいろ言いたいことがあるのはわかりますが、外部のBluetoothオーディオに音声出力できるとしたら、どうでしょう?

「Google Home mini」

それが可能なスマートスピーカーの1つが「Google Home mini」。ふっくらしたどら焼きのような外観の、おそらく台数的にはもっとも売れたスマートスピーカーです。音質はさておき、Apple MusicやSpotifyなどメジャーなサービスに対応、スマートフォンなど他のデバイスに頼らずWi-Fi経由でストリーミング再生でき、口頭で音楽再生を指示できる機能は発売から数年を経た現在も陳腐化していません。

そのGoogle Home miniには、外部Bluetoothオーディオへ音声出力する機能が用意されており、BluetoothスピーカーだけでなくBluetoothイヤホンにも出力できます。再生指示はGoogle Home miniで受けて、音が出るのはBluetoothスピーカー/イヤホン、という使い方が可能になるのです。

準備はかんたん、Google Homeアプリでデフォルトスピーカー画面を開き、対象のBluetoothスピーカー/イヤホンをペアリング状態にしたうえで、「Bluetoothスピーカーのペア設定」をタップすればOK。ペアリング完了後にそのBluetoothスピーカー/イヤホンを選択すれば、以降Google Home miniではなくBluetoothスピーカー/イヤホンから音楽が流れるようになります。

「Bluetoothスピーカーのペア設定」をタップするだけで準備完了

ただし、Google Home miniが対応するコーデックはSBCのみ。ロスレス/ハイレゾ再生対応となったApple Musicもロッシー/AAC再生のみと、音にこだわるユーザーには残念な部分もありますが、スマートスピーカーを “命令専用端末” として使うにはいい方法ですよ。

関連記事