【連載】ガジェットTIPS

やらないともったいない!「Fire TV Stick」で動画を視る以外の使い方

海上忍
2021年01月07日
少し古めのテレビがスマートテレビに変身する「Fire TV Stick」。価格は4K対応モデルでも7千円以下と格安ですが、テレビのHDMIポートに挿し込むだけでAmazon Prime VideoやNetflix、YouTubeなどのネット動画を楽しめるようになる人気のデジタルガジェットです。

「Fire TV Stick」

惜しまれるのはFire TV Stickをネット動画再生端末としてのみ使うユーザが多いこと。Fire TV Stickに付属のリモコンだけでなく、HDMI CEC対応のテレビであれば付属のリモコンでも操作できますから、テレビの延長線上で満足してしまう気持ちはわかります。しかし、iOS/Android OS対応のスマートフォンアプリ「Amazon Fire TV」を使えば、その活用範囲がぐっと広がります。

スマートフォンアプリ「Amazon Fire TV」

たとえば、WEBブラウジング。Fire TV Stickには「Firefox for fire TV」などのWEBブラウザアプリが用意されていますから、それをインストールすればOK。テレビのリモコンで文字入力するのは手間がかかりますが、使い慣れたスマートフォンのキーボードならかんたんです。テレビの大画面を生かせるから、電子書籍などビジュアル系のコンテンツもより楽しめます。

Amazon Fire TVアプリの初期設定では、カーソルの操作は十字キーで行いますが、オプション画面でスワイプジェスチャーに変更すればスマートフォンのような操作感にすることも。Firefox for fire TVをログインして使えば、パソコンとタブの共有も可能です。ちょっと調べものをしたいとき、オンラインショッピングしたいとき、いちいちパソコンに切り替える必要はなくなりますよ。

関連記事