【連載】ガジェットTIPS

PS5で低遅延のBluetoothイヤホンを使うには?

  • Twitter
  • FaceBook
海上忍
2020年12月26日
最近、「低遅延」をうたうBluetoothイヤホンが増えてきました。aptX LL(Low Latency)などの低遅延を売りにするコーデックに対応していれば、ほぼ気にならないレベルにまで遅延を短縮できるため、タイミング判定がシビアなゲームも楽しめます。しかし、SBC以外のコーデックはオプション扱いですから、ゲーム機/スマートフォン側も同じ低遅延コーデックをサポートしていなければなりません。

PS5

品薄状態が続くPS5でも、低遅延なBluetoothイヤホンでゲームを楽しみたいところですが、PS5はaptX LLどころかBluetoothオーディオ自体非対応です。公式ワイヤレスヘッドセットが販売されているものの、接続方式は独自のものでBluetoothと互換性はなく、スマートフォンやパソコンでは利用できません。

そこで検討したいのが「Bluetoothトランスミッター(送信機)」です。PS5のUSBポートに挿すタイプと、テレビの音声出力を光デジタル(S/PDIF)などで入力しBluetoothオーディオとして発信するタイプの2種類があり、どちらにもaptX LL対応機が存在します。

前者のUSBポートに挿すタイプの製品の例としては、クリエイティブ「BT-W3」が挙げられます。PS5にはUSBオーディオ機器として認識され、そのオーディオ信号をaptX LLなどのコーデックで送信するというしくみです。パソコンなどPS5以外のUSBオーディオ対応機でも利用できます。

クリエイティブ「BT-W3」

後者のタイプの製品の例には、ゼンハイザー「BT T100」が挙げられます。こちらはテレビの音声出力をBluetoothオーディオに変換するため、PS5以外のゲーム機はもちろん、映画やドラマなどの映像コンテンツも楽しめます。

ゼンハイザー「BT T100」

関連記事