被写体&シーンで選ぶ入門レンズ Vol.5

お散歩写真がもっと楽しくなる! おすすめ入門用「単焦点レンズ」3選

デジカメCHANNEL編集部
2019年08月02日

■描写力と携帯性を両立した「単焦点レンズ」がおすすめ!

お気に入りのカメラと一緒にぶらりとお出かけ。リラックスした気持ちで何気ない出会いをパシャリ。そんな風に構えずにゆるく楽しみたいお散歩写真には、軽くてコンパクトなレンズがよく似合います。

そこで注目してほしいのが、描写力と携帯性を両立した「単焦点レンズ」。単焦点レンズというと“写りはいいけど重くて大きい...”という印象をお持ちの方もいるかもしれません。でもそんなことはありません。ズームレンズのように複雑な機構を持たない分、軽くてコンパクトなレンズも豊富。そして何より明るいレンズが充実しているため、1本で多彩な表現が楽しめます。

ここでは、そんな「単焦点レンズ」の中から、初心者の方にぜひ試してほしい3モデルを、デジタルカメラグランプリ審査委員長・山田久美夫さんのナビゲートでご紹介していきます。特におすすめなのは、やや広い範囲を写すことができる準広角域のレンズ。風景や街並みを広く写すことはもちろん、被写体にグッと近づいて撮影すれば、花や動物などのアップも楽しめるので、お散歩中に出会う様々な被写体を、レンズ交換することなく軽快に撮影できます。

<おすすめモデル1本目>
広角ながらも大きなボケが楽しめる、描写力抜群の大口径広角レンズ

SIGMA
16mm F1.4 DC DN | Contemporary
57,000円(税抜)


フルサイズ用大口径レンズのような贅沢なレンズ構成を採用した、APS-C対応の大口径広角レンズです。35mm判換算24mm相当の焦点距離(ソニーEマウント用)、開放F値1.4というスペックながら、ミラーレス専用設計により、気軽に持ち歩けるサイズを実現。また、画質を徹底的に追求した「Artライン」に匹敵するほどの描写力に加え、広角レンズながらも、大きなボケを活かした撮影が楽しめる点は大きな魅力です。(山田)


SPEC ●焦点距離:16mm ●絞り値:F/1.4-F/16 ●最短撮影距離:0.25m ●フィルター径:φ67mm ●外形寸法:φ72.2mm×92.3mm ●質量:405g ●対応センサーサイズ:APS-C ●対応マウント:ソニーE、マイクロフォーサーズ(※仕様はソニーEマウント用のもの)


<おすすめモデル2本目>
画面全体をシャープに描く、軽量コンパクトなスナップレンズ

OLYMPUS
M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8
59,500円(税抜)


マイクロフォーサーズシステム最大のメリットである、小型軽量さを最大限に引き出してくれるコンパクトな単焦点レンズです。お散歩写真など、スナップ撮影で使い勝手のよい35mm判換算34mm相当の装填距離に加え、明るさも開放F値1.8と十分。絞り開放からカリッとした描写で、画面全体をシャープに描きます。またボケ量も大きく、マイクロフォーサーズシステムの常用レンズとしておすすめしたい1本です。(山田)


SPEC ●焦点距離:17mm ●絞り値:F/1.8-F/22 ●最短撮影距離:0.25m ●フィルター径:φ46mm ●外形寸法:φ57.5mm×35.5mm ●質量:120g ●対応センサーサイズ:4/3型 ●対応マウント:マイクロフォーサーズ


<おすすめモデル3本目>
絞り開放から優れた解像力! ワンランク上の単焦点入門レンズ

NIKON
AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED
75,000円(税抜)


小型軽量ながらも十分な明るさを備えた、フルサイズ対応の大口径単焦点レンズです。“ワンランク上の単焦点入門レンズ”と表現したくなる仕上がりで、カメラ付属のキットレンズとは一味も二味も異なる優れた描写力を実現。絞り開放から解像力も高く、ボケ味も自然です。また、最短撮影距離が短く、被写体にグッと寄って撮れるのも大きな魅力。キットレンズからのステップアップするための最初の1本としてもおすすめのレンズです。(山田)


SPEC ●焦点距離:35mm ●絞り値:F/1.8-F/16 ●最短撮影距離:0.25m ●フィルター径:φ58mm ●外形寸法:φ72mm×71.5mm ●質量:約305g ●対応センサーサイズ:フルサイズ ●対応マウント:ニコンF

■被写体&シーンで選ぶ入門レンズ
Vol.1 「子ども&ペット」編
Vol.2 「乗り物&動物」編
Vol.3 「イベント&旅行」編
Vol.4 「花&料理」編

関連記事