配信作品の傾向に違い

Amazon Prime VideoとNetflix、「名作映画」をより多く観られるのはどっち?

編集部:風間雄介

前のページ 1 2 3 4 5 次のページ

2018年07月24日

■Amazon Prime Video 邦画対応状況

2017年「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」 ×
2016年「この世界の片隅に」 ×
2015年「恋人たち」 ×
2014年「そこのみにて光輝く」
2013年「ペコロスの母に会いに行く」 ×
2012年「かぞくのくに」 ×
2011年「一枚のハガキ」 ×
2010年「悪人」 ×
2009年「ディア・ドクター」 ×
2008年「おくりびと」
2007年「それでもボクはやってない」 ×
2006年「フラガール」
2005年「パッチギ!」
2004年「誰も知らない」 ×
2003年「美しい夏キリシマ」 ×
2002年「たそがれ清兵衛」
2001年「GO」
2000年「顔」 ×
1999年「あ、春」 ×
1998年「HANA−BI」 ×
1997年「うなぎ」 ×
1996年「Shall We ダンス?」
1995年「午後の遺言状」 ×
1994年「全身小説家」 ×
1993年「月はどっちに出ている」 ×
1992年「シコふんじゃった。」
1991年「息子」 ×
1990年「櫻の園」 ×
1989年「黒い雨」 ×
1988年「となりのトトロ」 ×

Amazon Prime Videoで観られるのは全30作品中8作品で、カバー率は27%と、まずまずの成績だった。Netflixで観られる「この世界の片隅に」「恋人たち」などはライブラリにない一方、周防正行監督作品「Shall We ダンス?」「シコふんじゃった。」を配信することでカバーした。「たそがれ清兵衛」 が観られることにも注目したい。

さて、それではAmazon Prime Videoの洋画対応力はどうだろう? 次ページで紹介しよう。

「あの監督」の作品でポイントを稼いだAmazon

前のページ 1 2 3 4 5 次のページ

関連リンク

関連記事