【特別企画】リラックスした音の境地に到達

新次元に進化した旗艦プリ「Grandioso C1X」。今後のエソテリックサウンドの方向性を示すモデル

鈴木 裕
2021年05月12日
 
本機の背面部。入力端子はRCA×2とXLR×3で、XLR入力端子は独自の電流伝送「ES-LINK Analog」に対応。本体と電源部は専用ケーブル2本で接続し、電源ケーブルは2本使用する

この記事の画像一覧


関連リンク

関連記事