【特別企画】装着性だけじゃなく遮音性、音質もアップ

耳に吸い付く“極上装着感”!「AirPods Pro」のイヤーチップを替えるならAZLAだ!

高橋 敦
2020年09月10日
「AirPods Pro」は特殊なイヤーチップを採用するため、ちゃんとフィットしないとお悩みの方は多いだろう。そんなAirPods Proの装着性を向上させつつ、遮音性、音質もアップさせるイヤーチップがAZLA「SednaEarfit XELASTEC for AirPods Pro」。まるで耳に吸い付くような極上の装着性は他にない感覚だ!

AZLA「SednaEarfit XELASTEC for AirPods Pro」¥OPEN(直販サイト価格:M/ML/Lサイズ各1ペア 3,980円、MS/ M/MLサイズ各1ペア 3,980円、SS/S/MSサイズ 3,980円、各1ペア 各サイズ2ペア 2,680円)

Apple純正のイヤーチップで不満足な点をすべてカバー

「AirPods Pro」は、「AirPods」の使いやすさはそのままに、カナル型ならではの遮音性や装着の安定感、ノイズキャンセリングによる決定的な静かさまでも備える、完成度の高い完全ワイヤレスイヤホン。しかしカナル型になったことでイヤーチップ選びという難題が生まれてしまった。

純正でS/M/Lが付属するが、耳の形や大きさは人それぞれ。どれもしっくりこない場合もあるだろう。しかもAirPods Proはイヤーチップ取り付け部分が特殊で、既存のサードパーティー製イヤーチップは使えない…。だが遂に、定番イヤーチップ「SednaEarfit」シリーズから待望の「SednaEarfit XELASTEC(セドナイヤーフィット・セラステック) for AirPods Pro」が登場。AirPod Proユーザーの悩みを一気に解決してくれるアイテムだ。

【ケースに収まる】ユニバーサルタイプよりも軸の長さを短くし、一番大きなLサイズに交換しても、ケースに収まるサイズ感をキープ。安心して使える!

まず特徴的なのは素材。一般的なイヤーチップの素材はシリコンだが、こちらはTPE=サーマル・プラスティック・エラストマー、熱可塑性エラストマーとも呼ばれる素材を採用している。熱によって柔らかくなるこの素材をイヤーチップに使うことで、耳の中の体温でイヤーチップの傘部分が柔らかくなって変形、耳の中にぴたっとフィットしてくれるわけだ。

【耳穴にあわせて形状変化】傘部には体温で軟化するTPE素材を採用。耳に入れると約2~3分で軟化をはじめ、10分以内で外耳道入り口付近の形にあわせて形状が変化する。そのため装着性と遮音性が高まるのだ

シリコンのイヤーチップは耳に押し込んでその反発力で耳の中にフィットさせる仕組み。少し大きめのサイズでしっかりフィットさせると、耳の中にその反発力による負担がかかる。カナル型イヤホンの着け心地が苦手な方は、もしかしたらそれが原因なのかもしれない。

対してTPE素材のSednaEarfit XELASTECはイヤーチップ側が変形して耳の中の形にフィットするので、そういう不快感を低減しつつ、十分な密着を確保。同じくその不快感を低減できるフォーム素材に対しても、耐久性が高く水洗いもできることでの「長く使える」という優位を持っている。

【メンテナンスも簡単】樹脂製なのでいつでも洗えて清潔に保てる。傘部の変形も裏返してお湯につけると元の丸い形状に戻るのでメンテナンスすれば長く使用できる

加えてのポイントはサイズ展開の細かさ。SednaEarfitシリーズはS/M/Lに最小サイズと中間サイズを加えたXS/S/MS/M/ML/Lの6サイズ展開。しかも今回は「MS/M/ML」のように近接サイズをセットにしたパッケージも用意し、「左耳にはMがぴったりだけど右はもうちょっとだけ大きめがフィットしそう」のような左右の耳のサイズ差にも対応。このイヤーチップは素材とサイズの合わせ技であらゆるユーザーに最高のフィットを提供してくれるのだ。

【6つのサイズから選べる】Apple純正は3サイズしか選べないが、XELASTECは中間サイズを含む6サイズ展開。表面が滑りにくい素材なためフィッティングは人によって異なる。近接3サイズを揃えたパッケージ販売も活用してほしい

そのほか、グラファイトカラーのMacを思い起こさせる「スモーキー・アビス」カラーの美しさ、AirPods Proのイヤーチップ取り付け機構に対応しつつ音響面にも配慮された「アコースティックマウンティングアダプター」、装着時の充電ケースへの収まりのよさなど、総合的な出来栄えも見事。

【Appleに合う色】イヤホンとのマッチングを考慮して選んだ深海の青をイメージしたカラー「スモーキー・アビス」を採用。Appleのグラファイトカラーともよく合う!

実際に試してみてその効果にさらに納得。筆者は純正イヤーチップだとMは少し緩めでLだときつく、装着の楽さ重視の妥協でMを使っていた。それがこのイヤーチップのMLサイズで解決! 純正Mより少し大きめだが体温で柔らかくなるので、きつさを感じることなく快適さと密着感を両立。遮音性とノイズキャンセリング効率も向上し、音楽が流れる背景の静かさが明確に高まった。

【密着する台座】AirPods Proとの接合部にソフトセグメントウレタンコーティングを施して音漏れを防止し、低域再現の向上、ANC効果を最大限まで引き出している

するとひとつひとつの音の浮き上がり方がより立体的に。密閉度向上による低域の充実でベースのグッとくる力感も増し、静けさのおかげもあってボーカルの息遣いなど、SednaEarfitシリーズらしい高域の表現力も際立つ印象。これは体温で耳にフィットしたら耳から外すのがもったいなくなって、AirPods Proの外音取り込み機能をいままでより多用したくなるかも…。

【音に色を付けない】軸部はストレート構造として音の直進性を確保。純正イヤーチップと変わらない色づけのないサウンドを目指した。ただ遮音性が高まることで聴感上は低域やボーカル帯域の解像度向上にも影響を与えている

完成度の高いAirPods Proだからこそ、それをさらに完成させる最後のワンピースとなる、この「XELASTECイヤーピース」の効果は期待以上だ。

(協力:株式会社アユート)



本記事はプレミアムヘッドホンガイド Vol.24からの転載です。

関連リンク

関連記事