[連載]高橋敦のオーディオ絶対領域【第250回】

Apple Musicと「ミュージック」アプリが手を組めばSpotifyに勝てる!かも

高橋 敦

前のページ 1 2 3 4 次のページ

2020年06月25日
Apple Musicの真価は「Music.app」にあり!?

筆者は長年のMacユーザーであり、iPhoneユーザーである。しかし、音楽サブスクリプション配信についていえば、一般論的により優れているのはApple MusicではなくSpotifyかなと感じている。理由はいろいろあるが、例えばツイートなどで人に曲をおすすめする際のリンクは、無料会員もフル尺再生できるSpotifyにしておいた方が聴いてもらいやすいだろう。

だが、一般論の話ではなく “特定の環境” で “特定の使いこなし方” をする場合に限定すれば、Apple MusicはSpotifyをぶっちぎるほど使いやすさや魅力を発揮!今こそ元iTunesこと、MacのMusic.appと組み合わせ、Music.appの機能をフル活用してApple Musicを使いこなすのだ!

Music.appの機能フル活用でApple Music覚醒!

なお、スクショのライブラリがさびしい感じなのは、macOSのメジャーアップデート=iTunes→Music.appへのアップデート時に、筆者のiTunesライブラリが消失したため…。もちろんバックアップは確保してあるが、この機会にライブラリ管理の見直し、徹底整理を実行中であり、現在Music.appのライブラリにはローカルの音楽ファイルがほとんどない状況なのだ……

Apple MusicからDLした曲もライブラリ管理できる

Apple Music with Music.appの環境でならApple MusicはSpotifyを超える!と言える、その強みの源は「サブスクからローカルにダウンロードした曲の管理のしやすさ」にある。

旧iTunesがベースとなり、サブスク楽曲も管理しやすいのがApple Musicの強み!

Spotifyにも当然、任意の曲をPCやスマホのローカルストレージにダウンロードし、データ通信不要のオフラインモードで再生できるようにする、というような機能はある。

だが、ダウンロードしたらそこで終了。そこからダウンロードした楽曲を効率よく管理するライブラリ的な機能は用意されていない。そもそもSpotifyというか、サブスク配信はライブラリ管理といった使い方を主としたサービスではないので、そういう感じなのも仕方ない。

一方のApple Music。サービス自体はSpotifyと同じくサブスクであるが、そのサービスを旧iTunesを通して提供するという形態を採ってくれたおかげで、サブスク楽曲をiTunes/Music.appのライブラリ機能に落とし込んで管理することもできる!

「統合した上でのApple Music重視のせいで、普通の音楽ライブラリアプリとしてのMusic.appは劣化してるじゃねーか!」という憤りもないわけではないが、腐っても元iTunes。劣化してもなお、使いこなせば十分に便利なライブラリ管理機能は維持されているのだ。

そしてそのライブラリ管理の強み、特に大きなものはこの三つだ!

カラムブラウザの一覧力!


スマートプレイリストの抽出力!


クラウド同期の統合力!


ここからは、“Apple Music+Music.app 三つの強み” について紹介していこう。


ダウンロード楽曲にも適用!カラムブラウザが分かりやすい!

前のページ 1 2 3 4 次のページ

関連記事