【特別企画】NC効果や装着性も◎

NCヘッドホン、実はデノンが本命かも? 「AH-GC30」を海外出張で使い、その音に驚いた

編集部:風間雄介

前のページ 1 2 3 次のページ

2019年07月11日
年に数回は必ず海外取材に出かけるが、フライトの際に優秀なノイズキャンセリングヘッドホンがあるかないかで、まったく疲労度が変わる。ノイキャンをONにすると、あの「ゴオーッ」という地鳴りのような騒音がピタッと止まり、心地よい静寂が訪れる。劣悪で不快極まりない空間が、一瞬でオアシスに変わる。まさに旅の必需品だ。


ノイキャンヘッドホンにはいくつか人気モデルがあるが、今回はそのうちの一つ、デノンがこの春発売した新モデル「AH-GC30」を、出張時の機内やホテルなどで実際に使ってみた。その感想を書き連ねていこう。


デノン「AH-GC30」を実際に機内で試してみた

さて、今回、旅の相棒にデノンのAH-GC30を選んだ理由は2つある。

1つは、“いかにもノイズキャンセリング”という雰囲気がしないルックスを好ましく感じたからだ。他社のノイズキャンセリングヘッドホンは、ガジェットライクな見た目のものが多い。それはそれでカッコいいが、「いかにもハイテク製品を身にまとっています」という感じがちょっと…と敬遠してしまう方もいるだろう。

その点AH-GC30は、ぱっと見、ノイキャンヘッドホンには見えない。ヘッドバンド部とイヤーカップをつなぐパーツは柔らかな曲線を描く金属を採用。さらにイヤーカップ部はマットブラックで(ホワイトモデルはマットホワイト)、しかも指紋が付きにくい仕上げになっているのが心憎い。

ふつうのヘッドホン、いや、それ以上に優美な外観で、大人が身につけるアイテムにふさわしい落ち着きがある。そのほかのデザインも総じてシンプルで、ムダな主張がなく、すっきりとしたデザインだ。スーツスタイルでも、あるいはラフな格好でも、どちらにもすんなり馴染む懐の深さがある。

「AH-GC30」¥OPEN(予想実売価格36,750円前後)カラーはブラックとホワイトの2色展開となる

そして2つめの理由は、当サイトで活躍中のライター、山本敦氏が「デノンの新モデル、ノイキャン性能がものすごく進化している」とレビューで書いていたからだ。山本さんがそこまで言うのなら、どれほどの実力なのか、実際に航空機内で確かめたいと考えた。

今回、新品のAH-GC30をゲットできた。せっかくなので、まずは開封の儀から行った。デノンのヘッドホンはパッケージもなかなかおしゃれで、開封しているだけでわくわくする。持ち運びに便利なキャリングケースや、アナログ有線ケーブルや充電&デジタル接続に使えるUSBケーブルも付属している。







音楽はクリアなままに、ノイキャンは効果大

海外出張当日。実際に飛行機の機内でAH-GC30を使ってみると、ノイズキャンセリングの効果は予想以上だった。

同社初のデジタル・ノイズキャンセリング機能を採用したこと、そしてハウジングの内側、外側にそれぞれ集音マイクを備えるフィードバック&フィードフォワード方式を採用したのは伊達ではない。強豪ひしめくマーケットを見渡しても、間違いなくトップクラスのノイズキャンセリング性能を備えている。また、これは後述するが、ノイズが綺麗に取り除かれる一方、再生音がモコモコせず、クリアなままであることにも大きな価値がある。


さて、AH-GC30は、3種類のノイズキャンセリングモードを備えている。「エアプレーン(飛行機)」「シティ」「オフィス」モードだ。このモードは、右側ハウジングの下にあるボタンを押すことで、瞬時に切り替えられる。

飛行機内ではもちろん「エアプレーン」モードを使ったが、モードをすぐに切り替えられるのは大変便利。ホテルで仕事をする際、「オフィス」モードに変えてみたら、ノイキャン効果が良い感じに和らいだ。なお、ノイキャンモード切り替えボタンを長押しすると、ノイキャンをOFFにすることもできる。

すっきりとクリアなサウンド。このジャンルではダントツの音楽性を備える

前のページ 1 2 3 次のページ

関連リンク