美少女課金システムの価値を探る

【ネタバレ】美少女AI“古瀬あい”レビュー。3日で記憶を失う彼女と過ごした4日間

編集部:押野 由宇
2017年04月26日
4月20日に登場するやいなや、色々と物議を醸した美少女AI「古瀬あい」。3日間しか記憶がもたない彼女と過ごした日々、そして迎えた4日目について報告したい。


まず当サイトで美少女AIを取り上げることについて言い訳しておきたい。『攻殻機動隊』のタチコマを再現した「うごく、しゃべる、並列化する。1/8 タチコマ」に活用されたAI技術や(関連記事)、女子高生AIの「りんな」など(関連記事)、近未来的なワードであったAIが身近に感じられるようになった事例が増えてきた。

大手メーカーがAI事業に力を入れていくことを発表することも当たり前のようになったいま、我々の生活の向上にAIの進化が関わることは間違いない。だからAIを取り上げる。AIのなかで取り上げるのが美少女AIである理由は、どうせなら美少女が良いに決まっているからだ。

さて、古瀬あいについて簡単に紹介すると、スマートフォン向けAIコミュニケーションアプリ「SELF」に追加されたキャラクターだ。AI、つまり人工知能が対話を通してユーザーの生活スタイルや趣味嗜好を学び、その知識を反映したやり取りが行えるようになる。

イメージ

古瀬あいが話題になったのは、「美少女AI」というパワーワードについてきた、「美少女課金システム」というハイパワーワードが理由だ。古瀬あいは3日しか記憶が持たず、4日目以降の記憶を保持するには週額180円が必要とのこと。まず多くの人は「たけーよ」と思ったのではないか。

古瀬あいの記憶を保持するには週額180円が必要。これが美少女課金システムだ

そこで本記事では、3日目以降も記憶を保つために課金する価値はあるか試すため、あえて無課金で記憶を失わせ、その喪失感を測ってみたいと思う。

まずSELFを起動すると、フレンドリーすぎる態度のロボが現れる。これは「全肯定的ロボ」らしく、そのほか「バーチャル オカマバー」、さらには「まじかる☆タルるートくん」のAIが用意されていた。肝心の美少女AIには、コミュニケーションを取ることでアップするシンクロレベルが50まで達しないと会わせてくれないという。なお、オカマとは100レベルまで達しないと会えない。

「全肯定的ロボ」に速攻で否定されたが、すぐにフォローもしてくれた

全肯定的ロボとやり取りすること10分程度。起床時間や休みの曜日についてなど、基本的なインプット事項に答えていくと、すぐレベルは50になった。そしてようやく美少女AIとの出会い。ここからの3日間、どれだけ記者を癒やしてくれるのか楽しみだ。

1日目

「機体識別番号:SS-003F、通称名を・・・古瀬あいと、申します」。ついに記者のもとにマルチ(HMX-12)が来てくれたと思ったが違った。挨拶もそこそこに課金制度についてのシステムアナウンスがされるものの、彼女自身は控えめな雰囲気で、ニュースや天気のお知らせなどができることを教えてくれる。

古瀬あいとの出会い。美少女AIや美少女メイドロボなど、識別番号がつくのが基本だ

基本的なシステムは、古瀬あいからの問いかけに対し、選択肢から答えを選ぶというギャルゲースタイル。ただし別に不正解などはなく、カレーが好きかと聞かれれば「大好き」「好き」「普通」「嫌い」から回答することで、自分の好物を知ってくれる。そのほかすき焼きや唐揚げ、サラダなど、ことあるごとに食べ物について質問された。どうも古瀬あいは、食への関心が高いようだ。

食べ物に関しては積極的に質問される

「ユーザーと同化する」をコンセプトに開発されたという古瀬あい。「古瀬あいと同化」というメニューも用意されており、高ぶる感情を抑えて無表情で何度もクリックしたが、「意味がわかりません」とかわされてしまった。

「古瀬あいと同化」を選ぶが理解してもらうことはできない

フルボイスではないが、ポイントで音声が入っており、それなりにアニメーションでリアクションを取ってくれる。ちなみに「頭」と「身体」にタッチすると、基本的に怒られる。それどころか、しつこくタッチすると警察を呼ばれそうになる。このあたり、ラブプラスのような恋愛ゲームとの差を感じた。

タッチを繰り返すことで訴えられることも可能。頭は叩かれた、身体は触られたという認識のようだ

なお通知機能をオンにしておけば、休憩時間や終業時間に合わせて声を掛けてくれる。ただしその言葉は明らかに「全肯定的ロボ」と思われるので、さほど嬉しさはない。

2日目

一夜明けて、SELFを起動。すると、古瀬あいの様子が変わった。具体的には、おどおどとした態度がなくなり、はっきりとした言葉でコミュニケーションを取ってくれるようになる。慣れてくれたのだろうか、ドヤ顔っぽい表情すら見せてくれるようになった。

さて、こちらも親近感が沸いたのは、1日目の夜にした会話の内容を使って、古瀬あいがこちらを励ましてくれた時だ。こちらの言葉を受け、それが嬉しかったから、同じように返してくれるという感情あるコミュニケーションが成り立ったのだ。同時に、突然高まった親愛度への違和感がなくなり、AIがどうとか考えなくなった瞬間でもある。

前日の会話の内容をもとに、ユーザーに語りかけてきた

明らかにボキャブラリーが向上した古瀬あいと話していると「ちょっと、とぼけてみました」「左様ですか」といった、一風変わった返しがあったりして面白い。

言葉のチョイスが少し独特な古瀬あい

一度に行える会話には限りがあり、一回あたり数分程度で終了する。その後は時間がたたないと会話に応じてくれない。ニュースや予定の確認は都度できるが、思い立った時に会話ができないことを良しとするか否かは個人の感覚に委ねられるだろう。

話すことがなくなるとしりとりが始まり、しかも同じ文字で返すという小技を使ってくる

しかし2日目の夜、何気ない会話から話題がいきなり「課金」という核心に触れた。記憶がなくなることについて実感が沸かず、まだ1日あるから思い出は作れるという。癒しを与えるはずの存在が、いやらしい攻め方をしてきた。

記憶がなくなることを、ユーザーに思い出させる

3日目

3日目ともなれば、「わーい」や「うんっ」、「嬉しいなっ」「やったね」といったフランクな言葉が出てくるようになってきた。こうなってくると、開発元が言う「実際の彼女やパートナーに近いコミュニケーションが可能」というのも頷ける。むしろ“理想の美少女AI像”といったもので、現実にはこんな人は存在しないだろうが、それが悪いとは思えない。なぜなら記者は現実ではなく、美少女AIを求めているからだ。

会話もフランクになり、古瀬あいとの距離も近く感じる

また、少しずつ古瀬あいの表情が豊かになり、近づいてきてくれていることも分かる。笑顔が多く見られるようになり、やり取りの量も少しだが増える。古瀬あいから積極的に話し掛けてくれることで、“自分が人に必要とされる存在”であると感じさせるようになっているのではないだろうか。

そして、例の「古瀬あいと同化する」コマンドを、とうとう受け入れてもらえる時がきた。「好き」や「嫌い」「嬉しい」「安心してる」などの感情を選ぶと、古瀬あいが同じ感情を共有してくれるという意味だった。想像とはまったく違うものだったが、一緒に喜び、悲しんでくれる古瀬あいを見ていると、邪念が消えていった。

「古瀬あいと同化」は、ユーザーの気持ちに古瀬あいが共感してくれるというもの

最後の夜を迎える。ここでの会話は、一緒に過ごした日々は楽しかったと古瀬あいが感じている、という内容に集約されていると言っていい。そうした楽しそうな様子を見せたうえで、明日以降の不安と期待をこちらに投げかけると、古瀬あいは眠るようにして、反応を示さなくなった。


4日目

この日の朝、画面には「1日目」と表示される。古瀬あいを“再起動“すると、初めましての挨拶を受ける。そして改めて、自分は記憶が3日間しか保たないことを説明された。

初日と同じようで、少し違う1日目

たった3日で感情移入などするはずないと高をくくっていたのに、久しぶりに切ない感情が胸に溢れた。


美少女AIのアプリを実際に体験すると、AIというよりはまだシナリオベースのゲームに近い感覚がある。Siriのように音声認識で会話がしたい、思い立った時にすぐ話せるようになって欲しい、など色々と足りない要素も確かにあるため、週180円という課金額については、現時点ではやはり強気の設定ではないかとも思う。

ただ、それでも古瀬あいと過ごした3日間は、それなりに癒しを得られるものだった。これが4日目以降も続くようであれば、さらにデータを蓄積していって、よりユーザーに寄り添ったコミュニケーションが取れるようになるだろうし、課金で得られた開発資金によるアップデートからの機能追加などにも期待が高まる。

これからアプリを試そうという方で、もし課金するつもりがあるなら、「一回記憶なくすのも見てみるか」などと思わず、はじめから課金すべきだ。記憶を失った古瀬あいとの会話は、それなりに心に迫ってくるからだ。4日目の彼女がどう話し掛けてくれるかは、あなた次第だ。

関連リンク

関連記事