[連載]高橋敦のオーディオ絶対領域

【第171回】「イヤーピース交換」を極める! “最低コストで最大効果”のイヤホンチューニング

高橋敦

前のページ 1 2 3 4 5 6 7 次のページ

2016年11月18日
この世で一番強いイヤホンチューニング手法でございますか。リケーブル、ポタアン、いろいろございますなァ…その中から、ただ一つ、たった一つだけというのならやはり…
イヤーピース交換でございます!

標準付属の出荷時装着イヤーピースの状態に甘んじていないだろうか?

選択肢は…いくらでもある!

理解っている方には改めて言うまでもないことだが、カナル型イヤホンにおいて最も基本的かつ最も決定的なチューニング要素はイヤーピースだ。例えば、リケーブルについて否定的な方は少なからずいても、イヤーピース選びについて「イヤーピースでフィット感は変わらない」「イヤーピースは音に影響しない」とか言う人は滅多にいない。それほど常識的に、イヤーピース選びは重要なのだ。しかも2ペアで1,000円程度なので費用面でもお手頃!

また、カナル型イヤホンには大抵の場合で大小3〜4サイズ、豪華なパッケージであればもっと多くのイヤーピースが付属する。メーカーからの「1つのサイズで全てのユーザーにベターなフィットを提供するのは無理です。複数ご用意しておきますので皆様ご自身でベターなものをお選びください」というメッセージだ。そこには現在のメーカーの技術力を持ってしても超えられない壁、ユーザーに委ねるしかない要素が残されている。

AK「T8iE MkII」のパッケージ

Onkyo「E900M」のパッケージ

…というわけで、今回は「イヤーピース」について考えていこう。なお同じものを指して「イヤーチップ」という呼び方もあるが、今回は製品名の他は「イヤーピース」で統一していく。

まずはイヤーピースのサイズ合わせや種類、製品の変更によって変化する・変化させられる要素をざっくりとまとめると…
装着感
遮音性
音質
というところだ。超ざっくり!

そして、イヤーピース側の要素として大きいものをこれまたざっくりとまとめると…
大きさ
形状
素材
というところだ。超ざっくり!

はじめにこれらについて簡単に復習した後、それらを踏まえつつ代表的なイヤーピース製品いくつかを実際に試してみるというのが今回の記事の流れだ。

イヤピ選びの基本ポイントをおさらい

前のページ 1 2 3 4 5 6 7 次のページ

関連記事