オトナの気品漂う、洗練のオンイヤー

“Edition” 新章、始まる。Ultrasone「Edition M」レビュー

小原由夫
2015年08月13日
ドイツ生まれのヘッドホン専業ブランド、「Ultrasone(ウルトラゾーン)」。独自の音響技術と厳選パーツを惜しみなく注ぎ込んだ、究極のフラグシップだけに与えられるのが「Edition」の称号だ。その名を纏った、はじめてのオンイヤー型ヘッドホン「Edition M」が8月15日に登場する。とてつもなく軽く、美しく、そして驚くほどに高音質。この夏、絶対に聴き逃せない本機のプロトタイプをいちはやくGET! 小原由夫氏が速報レポートする。

Ultrasone「Edition M」

シリーズの血統を受け継ぐポータブル機

独ウルトラゾーン社のトップラインにして、多くのヘッドホンファンが憧れる「Edition」シリーズ。非常に魅力的な初のオンイヤータイプ「Edition M」が届いたので、速報的にインプレッションをお届けしよう。

型番にある「M」は、モバイル(mobile)が語源と思われるが、同じポータブルタイプの「Edition 8」と比べるとイヤーカップのサイズは一回り以上小さくなっており、より気軽に持ち運べる軽快さを打ち出している。事実、新設計のドライバー口径は、Edition 8の40mmよりも10mm小さい30mmに。それでもEditionのDNAといえるチタニウム・プレイテッド・ドライバーは踏襲。エチオピアン・シープスキン・レザーのヘッドパッド/イヤーパッドも然りだ。シリーズならではの精悍な佇まいも伝承されている。ウルトラゾーンの真骨頂である、頭内定位を解消する「S-Logic Plus」や、人体への影響に配慮した「ULE」の採用はもちろんだ。

【S-LOGIC plusとは?】ドライバーを鼓膜の位置から意図的にオフセットすることで、自然な音像イメージを構築する技術がS-Logic。Plusは音の分離と定位、そして距離感を初期モデル以上に明瞭に再現できる進化版だ

【ULEとは?】Ultra Low Emissionの略。潜水艦をレーダー探知機で発見されないようにする特殊金属「ミューメタル」でシールドすることで、健康に悪影響を及ぼす電磁波を最大98%シャットアウトする技術

一方で、スチールのアジャスター部の合理的な機構に感心する。スイーベル機構やヘッドバンドの折り曲げ等、ポータビリティを考えた常套手段をあえて採用しない点も、いかにも同社らしいこだわりといえよう。マイクリモコン付きOFCケーブルが付属するが、MMCXコネクタの採用で、リケーブルにも対応する。

「Edition M(左)」と「Edition 8(右)」の比較。大きさがひとまわり違うほか、重さもEdition 8に比べて107gほど軽量化することに成功している

マットルテニウムコーティングが施された、Edition Mのイヤーカップ部。新開発のヘッドバンド調整機構も備える


イヤーパッドとヘッドパッドには、高級車のシートの一部などにも採用される「エチオピアン・シープスキン・レザー」を採用

ケーブルは着脱式。汎用性の高いMMCXコネクタを採用している
装着感はすこぶる良好だ。側圧はきつくなく、オンイヤー型だが耳へのフィット感は非常にソフト。軽さも相まって、長時間のリスニングでもストレスはさほど感じないだろう。

実際にEdition 8を愛用している筆者だが、その感覚からしてもEdition Mのサウンドは違和感がなかった。中高域の解像感と立体的なスケール感は、まぎれもなくシリーズの血統を受け継いだものだ。くっきりとしたボーカルの音像定位、アンサンブルの豊かな響きなど、軽快な掛け心地も相まって、実に開放的な鳴り感なのだ。さすがに口径の大きなEdition 8に低域の量感と伸びではかなわないものの、同じドライバー口径の他社モデルよりもしっかりとした低音が表現できる。

実際、CHORDのUSB DAC内蔵ヘッドホンアンプ「Hugo」と組み合わせてみると、圧倒的なそのドライブ力により、ローエンドの力感がグンと増す。ベースのピッチはより克明になり、思わず体を前のめりにしてリズムを刻んでいたのに気付いた。ボーカルもさらにリアリスティックな質感となり、このペアはアウトドアでもぜひ実践してみたいと思った次第。大いに期待して発売を持ちたい「Edition M」である。

お問い合わせ
タイムロード TEL/03-6435-5710

【SPEC】 ●型式:密閉ダイナミック型 ●ドライバー口径:30mm ●再生周波数特性:10〜38,000Hz ●出力音圧レベル:99dB ●インピーダンス:40Ω ●質量:153g ●付属品:1.2mリモートマイク付きOFCケーブル(MMCX-3.5mmステレオミニ)、クリーニングクロス、キャリングバッグ

<この記事の内容は「PREMIUM HEADPHONE GUIDE 」vol.14 からの転載です>

関連リンク

関連記事