SHURE「SRH144/145」を岩井喬がレビュー:初SHUREにふさわしいクオリティの入門ヘッドホン

岩井 喬
2015年05月15日
SHUREのオンイヤーヘッドホンのエントリー機「SRH144」「SRH145」は非常に軽量で側圧についてもキツさがなく、適度な遮音も可能とする熟慮された設計となっているようだ。ヘッドバンドは固定スタイルで、ユニット部を上下にアジャストする機構も優れている。セミオープン機となる「SRH144」はすっきりとした音抜けの良さと音像の厚み、質感の滑らかさが絶妙で、声や弦楽器のクリアな引き立ち方もナチュラルで聴きやすい。SHUREのヘッドホン・ラインナップのなかでもオープン機は数が少なく、そのポイントを押さえた奔放な鳴りっぷりは、低価格であるとはいえライトウェイトなライバル機にひけを取らない魅力に溢れている。

SRH144

SRH144はセミオープン型。SRH145は密閉型となる。

一方「SRH145」は密閉型らしい音像の近さ、低域の圧力の高さを全面に押し出したパワフルなサウンドとなる。密度が高い分、すっきりとした抜け感についてはSRH144に譲るものの、打ち込み系のベースの粘りやプレイラインの鮮明さ、パワフルさはこちらの方が勝る。オーケストラのローエンドは太く響き、管弦楽器の旋律は艶ハリを効かせ粒立ち鮮やかに引き立つ。ジャズピアノの存在感も大きく、低域の厚み、ボディの響きも力強い。ウッドベースの胴鳴りも深くどっしりとしており、ドラムの低域タッチもパワフルだ。ヴォーカルの肉付きの良さ、口元のエッジ感はナチュラル志向で、どちらかといえば色付けのないドライな傾向。基本的には素直で自然な音伸びを得られる。アタックはやや丸みをもたせていることもあり、タイトなリズムキープを求めるより、穏やかな聴きやすさを優先させたようなバランスだ。

SRH145

SRH144はサウンドバランスとしては万能であるが、セミオープン方式ということもあり、音漏れは避けられない。側圧については両モデルとも同じくらいだが、オンイヤータイプの割に遮音性も高く、サウンドのダイレクト感も得やすい。

アコースティックな響きを大事にしたソースをメインとするならばSRH144の素直さ、誇張感のないナチュラルな空間の余韻感を選択したい。

低域の響き方に関しては弾力よく聴かせるのが得意であり、ウッドベースでは適度な引き締めと弦の艶やかな倍音のエッジをバランスよく押し出してくれる。ヴォーカルも分離よく音伸びも自然だ。リヴァーブなどのエフェクト効果についても見やすく、音像の前後感も比較的掴みやすい。低域のコントロールに優れている分、音場の明瞭度も高く、澄んだ音色を得られることがメリットとなっている。ギターやピアノのハーモニクスもクリアで適度な煌びやかさも加わることから、重さのないブライトなサウンドを得ることができるだろう。

さすがにSHUREのヘッドホン群はモニターの系譜を持つだけに、色付けを抑えたサウンドとなっているが、エントリー機ということもあり、ジャンルを選ばぬ聴きやすさについても柔軟に対応しているように感じられた。堅苦しくない倍音のまろやかさ、耳当たり良いマイルドな音像の厚みを持たせており、低価格機とは思えないバランスの整ったサウンドとなっている。初めてSHUREのサウンドに触れる方にとって、このSRH144&SRH145はブランドトーンを理解する上でも外すことのできない、それでいて手に入れやすいリーズナブルなモデルであるといえるだろう。

関連記事