Bang & Olufsenから誕生したカジュアルライン

「B&O PLAY」、その歴史とフィロソフィーをたどる

Phile-web編集部
2014年04月30日
革新的な技術と美しいデザインでオーディオファンを魅了するデンマークのブランド「Bang & Olufsen(バング&オルフセン)」を知らない人はいないだろう。1925年にピーター・バング氏とスヴェン・オルフセン氏によってラジオメーカーとして産声を上げた同社。当初は家具調デザインのプロダクトを製作していたが、次第にバウハウスの機能主義に影響を受けて先鋭的なデザインを採用するようになった。

バング&オルフセン創業者のピーター・バング氏(右)とスヴェン・オルフセン氏(左)

家庭用電源からラジオに直接電気を供給できる装置「Eliminator」

1960年台には、北欧を代表するデザイナー ヤコブ・イェンセン氏を起用。以来、斬新なデザインとテクノロジーを取り入れたプロダクトを次々と世に送り出し、世界中の人々を魅了してきた。

60年代からデザインを担当したヤコブ・イェンセンがB&Oのデザインの基礎を築いた

水平に移動する美しいアームの動きが人々を魅了した「Beogram 4000」

水平方向に音を均一に放射する技術を搭載したアクティブスピーカー「BeoLab 5」(写真両脇)/機能性とデザインを両立させた6連奏CDプレーヤー「BeoSound 9000」(写真中央)


2012年、スマホやタブレットと親和性を高めたカジュアルライン
「B&O PLAY」がスタート



「B&O PLAY」は、バング&オルフセンのカジュアルラインとして2012年にスタート。スマートフォンやタブレット、PCの登場によって音楽の聴き方が変化しつつある現代にフィットし、日々の暮らしに溶け込み長く使えるプロダクトをラインナップしている。

「B&O PLAY」の「PLAY」には、「遊び心」や「フレンドリー」といった意味が込められているという。洗練されたデザインと高い品質はそのままに、よりカジュアルに使える製品たちは、デザイン/素材/音響技術/使い勝手の全てにおいてB&O PLAYプロダクトチームが自信を持って「最高」だと言えるものだけが厳選されている。

たとえばスピーカー群「BeoPlay A9」「BeoPlay A8」「Beolit 12」は、質感の高い素材を用い洗練されたデザインを採用。様々なインテリアに自然に馴染み、目で見て手で触れるだけでもよろこびが溢れる、モノとしての高い魅力を備えている。

BeoPlay A9

BeoPlay A8

もちろん音や機能面でもぬかりない。いずれもAirPlayに対応しており、A9とA8はさらにDLNAにも対応。スマートフォンやPC内の音楽を、家の様々な場所で快適かつ最適に楽しむことができるのだ。

Beolit 12

また、フラグシップヘッドホン「Beoplay H6」は、ヘッドバンドには耐久性の高い牛革を、そして耳に密着するイヤーパッドには柔らかなラムスキンを使用。外観もそして音も、使い込むほどに馴染み味わいを深めていくよう考え尽くされている。

Beoplay H6

B&Oから引き継いだロングセラーモデルである「EarSet 3i」、MoMAのパーマネント・コレクションに選定された機能性と美しさを兼ね備える「Form 2」、アルミ無垢材からの削り出しで美しいフォルムを獲得した「BeoPlay H3」など、いずれも違った個性と魅力を備えた製品ばかりだ。

EarSet 3i

Form 2

BeoPlay H3

しかし全製品は一貫して「優れた音/高い品質/先進的機能」という思想でつらぬかれている。「B&O PLAY」のフィロソフィーに、ぜひ触れてみて欲しい。

関連記事