HOME > ニュース > ソフトバンク、Apple Watchの国際ローミングサービス提供を開始。国内事業者では初

「Apple Watch Series 5」以降の機種にて

ソフトバンク、Apple Watchの国際ローミングサービス提供を開始。国内事業者では初

2022/11/10 編集部:松永達矢
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ソフトバンクは、「Apple Watch Series 5」以降を対象とした国際ローミングサービスの提供を本日11月10日から開始した。

本日よりサービスの提供を開始

同社のiPhone向けプラン「世界対応ケータイ」と「Apple Watch モバイル通信サービス」への加入者を対象としたもの。「Apple Watch Series 8」の発表時にwatchOS 9搭載のSeries 5以降のモデルへの国際ローミング対応が案内されていたが、国内通信事業者ではソフトバンクが初めての提供となる。

本サービスを用いることで、海外渡航中にiPhoneの国際ローミング料金が適用され、海外事業者の提供する通信サービスを介してApple Watchからの音声通話やデータ通信が可能となる。なお、接続先の海外事業者は自動的に選定されるため、ユーザーによる事業者の選択、変更はできないとアナウンスされている。

記事執筆時の対応機種は、Apple Watch Ultra/Series 8/SE(第2世代)/Series 7/Nike Series 7/SE(第1世代)/Nike SE/Series 6/Nike Series 6/Series 5の計10機種。サービスの利用にはwatchOS 9.1 へのバーションアップが必須となっている。

サービス対象国は、カンボジア、スリランカ、タイ、韓国、香港、台湾、アメリカ、アラスカ、ハワイ、バージン諸島(アメリカ領)、プエルトリコの11エリアで、今後も対象エリアを順次拡大していくとのこと。

また、アメリカやハワイへの渡航時には「アメリカ放題」をApple Watchでも利用でき、データ通信、および日本・アメリカへの音声通話は無料となる。その他の国への音声通話料金は210円/分となる。

その他の国での使用は「海外あんしん定額」「海外パケットし放題」が適用され、各国の事業者ごとに設定された通話料・通信料が発生する。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

トピック