HOME > ニュース > アップル、アクションボタン搭載の「Apple Watch Ultra」。最大60時間動作、49mmサイズで頑丈に

耐久レースや探検家に

アップル、アクションボタン搭載の「Apple Watch Ultra」。最大60時間動作、49mmサイズで頑丈に

2022/09/08 編集部:押野 由宇
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
アップルは、スマートウォッチの新モデル「Apple Watch Ultra」を発表した。価格は124,800円(税込)。9月23日発売で、本日9月8日より注文受付を開始する。

「Apple Watch Ultra」(アルパインループバンド)

「Apple Watch」シリーズ最大の49mm筐体を持つ点が特徴。ディスプレイはフラットなサファイアクリスタルで、チタニウムケースが囲うように突起したデザインとなっており、耐衝撃性能を高めている。明るさは従来モデルの2倍、過去最大となる2,000ニトで、日差しのもとでの視認性を向上させた。

本モデルのために特別に設計されたというウェイファインダー文字盤は、ライブコンパスに切り替えられる時刻ダイヤルと、8つのコンプリケーションを表示できるスペースを用意。ナイトモードに切り替えると、暗い場所でも見やすいよう文字盤表示が赤になる。

本体にはワークアウト、コンパスウェイポイント、バックトレースといった様々な機能をコントロールできるアクションボタンを備えた。デジタルクラウンは直径が大きく、また溝が深くなったほか、サイドボタンはケースから突き出る設計となっており、これは手袋を着用した際の操作性を高めるためのものだという。

様々な機能をコントロールできるアクションボタンを搭載

デュアルスピーカーの内蔵でオーディオ性能を高めるとともに、3つのマイクを備え、過酷な状況下においても通話がしやすいように配慮。またそういった環境においても手首から外れることのないように、トレイルループ、アルパインループ、オーシャンバンドといった新しいバンド設計を採用している。

専用設計されたバンド設計は左からアルパインループ、トレイルループ、オーシャンバンド

高精度2周波GPSを新たに採用することで、距離、ペース、経路地図を計算するための正確な位置情報を送信。バッテリーは通常使用で最大36時間、心拍数とGPSの測定頻度を減らしたワークアウト設定を有効にした低電力モードを使用することで最大60時間の持続を可能とした。

ほか、-20°Cから55°Cという動作温度、100mまでの耐水性能にIP6X等級の防塵性能など、ダイビングや登山などあらゆるアドベンチャーやスポーツで使用できるよう、耐久性が高められている。

同時に発表された「Apple Watch Series 8」と同様に、皮膚温センサーや睡眠記録、自動車の衝突事故検出といった健康・安全機能も備えている。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク

トピック