HOME > ニュース > Amazonタイムセール祭り、「iPad mini」を迷っている方は買った方が良い理由

5%OFFの効果

Amazonタイムセール祭り、「iPad mini」を迷っている方は買った方が良い理由

2022/06/19 PHILE WEB編集部
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
終了が間際に迫ってきた「Amazonタイムセール祭り」。色々なメディアが騒いでいるのでご存じの方も多いだろうが、iPad miniが5%OFFとなっている。ユーザーの立場で書かせてもらうと、「欲しいな」と迷っている方は、ぜひこの機会に手に入れておいた方が良い。それだけの価値がある商品だ。



セール幅がたった5%などと侮るなかれ。ストレージが大きい256GBモデルだと、77,800円から3,890円OFFとなり、73,910円で購入できるのだ。加えて、ギフト券チャージやタイムセール祭り中のポイントアップなども考え合わせると、さらにおトクになる。

iPad mini

Wi-Fi+Cellularモデルがセール対象ではないのが残念なところだが、基本的に屋内のWi-Fi環境があるところで使う、外ではテザリングで使うので問題ない、などと割り切れる方には、文句なく推薦できる。

「でも、もうすぐプライムデーもあるしな…」と思った方は鋭い。たしかにプライムデーに、アップル商品が登場する可能性は高い。だが、最新のiPad miniが対象となるかはわからない。そして、たとえ対象になったとしても、わずか数週間後のセールで、さらに値下げ幅を大きくするかというと、その可能性は低そうだ。

バックカメラにはTrue Toneフラッシュを搭載

さて、今回セール対象となっているiPad miniは、最新の2021年モデルだ。活用方法はもちろん人によって様々だろうが、毎日このモデルを持ち歩いている記者のオススメは、Apple Pencil(第2世代)と組み合わせて、メモ帳代わりに使うことだ。

Touch IDでロック解除して、画面の右下からApple Pencilのペン先を引き上げると、素早く純正の「メモ」アプリが起動し、即座に手書きメモが取れる。そして、書いたメモはiCloudで連携したiPhoneやMacとも同期される。これが大変便利なのだ。

また、最新世代のiPhoneと同じA15 Bionicチップを搭載しているので、ゲームも快適に遊べるし、かなり負荷がかかる作業をしてもサクサク動く。USB-C端子を備えているので、カメラから直接データを読み込み、現像するなどといった使い方もできる。

ここまで読んでも「でも、頻繁に使うかわからないなあ…」などと半信半疑の方へ。Macを使っている方なら、iPad miniを使ってないとき、サブディスプレイとして活用する方法もある。

「ユニバーサルコントロール」や「SideCar」などの機能を使うと、スムーズにiPad miniとMacを連携させることができる。iPad miniは8.3インチと少し小さめの画面ではあるが、SNSのタイムラインをチェックしたり、チャットツールを置いておくといった使い方には十分。特にノートPCとの組み合わせでは重宝するはずだ。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

トピック