HOME > ニュース > 米ディズニー・ワールドでApple Watchを落とした女性、約500万円を不正使用される【Gadget Gate】

どのように不正使用されたかは不明

米ディズニー・ワールドでApple Watchを落とした女性、約500万円を不正使用される【Gadget Gate】

2022/05/24 塚本直樹
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
アップルのスマートウォッチ「Apple Watch Hermès」を米フロリダ州にあるウォルト・ディズニー・ワールドのアトラクションで落とした女性が、約4万ドル(約500万円)もの不正使用の被害にあったことを、海外メディアのWDW News Todayが伝えている。

Apple Watchシリーズにはアップルによる決済システム「Apple Pay」が組み込まれており、あらかじめ設定をしておけば、店舗や公共交通機関の対応端末に近づけることで支払いができる。通常、この機能はロックを解除した状態でしか利用できず、またユーザーの手元を離れたApple Watchは自動的にロック状態になり、Apple Payは利用できない。

Image:Apple

WDW News Todayの報道によれば、ウォルト・ディズニー・ワールドにてEPCOT(エプコット)のアトラクション「The Seas with Nemo & Friends」に乗り込んだ女性が、高い位置からApple Watch Hermèsを落としたという。彼女の夫が乗り物から降りて腕時計を回収しようとしたところキャストに止められ、後で宿泊しているホテルにて返却すると説明されたそうだ。

しかしその後、Apple Watch Hermèsに登録された限度額無制限のアメリカン・エクスプレスカードからおよそ4万ドルが不正使用され、詐欺の警告が何度も届いたという。被害女性は犯人を訴訟するためにオレンジ郡保安官事務所に重大窃盗として届け出ているが、現時点では誰が、どのようにして不正使用を行ったのかはわかっていない。

Apple Watchで買い物を行うには、パスコードを入力するなどしてロックを解除する必要がある。そのため、この女性のApple Watch Hermèsに設定されていたパスコードは推測されやすいものだった可能性もある。

シンプルなパスコードは避けよう

iPhoneでは推測されにくい長いパスワードやパスコードを設定していても、Apple Watchでは簡単なパスコードを設定している人もいることだろう。そのような場合は、今一度Apple Watchのパスコードの安全性を確認したほうがよさそうだ。

Source: WDW News Today



※テック/ガジェット系メディア「Gadget Gate」を近日中にローンチ予定です。本稿は、そのプレバージョンの記事として掲載しています。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

トピック