HOME > ニュース > iOS 15.2提供開始。Siri使用「Apple Music Voice」対応、「デジタル遺産」など新機能も

iPhone 13 Proのカメラ機能も進化

iOS 15.2提供開始。Siri使用「Apple Music Voice」対応、「デジタル遺産」など新機能も

2021/12/14 PHILE WEB編集部
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
アップルは、iPhone向けのOS「iOS 15.2」を提供開始した。

iOS 15.2では、Siriを使ってApple Musicを利用できる新プラン「Apple Music Voiceプラン」に対応した。SiriからApple Musicの楽曲やプレイリスト再生ができるのはもちろん、再生履歴を確認したり、おすすめ楽曲の提案を受けたりすることもできる。また、曲をもう一度再生する機能も利用可能だ。

プライバシーも強化。「設定」のAppプライバシーレポートから、過去7日間にAppから位置情報、写真、カメラ、マイク、連絡先などにアクセスされた頻度、およびネットワークアクティビティを確認することが可能になった。

そのほかApple IDでは、新たに「デジタル遺産」機能を追加。ユーザーの死後に、ユーザーのiCloudアカウントと個人情報にアクセスできる人を、故人アカウント管理連絡先として指定可能になった。

またカメラ機能では、iPhone 13 Pro/Pro Maxで、超広角レンズでのマクロ撮影切り替えが行えるようになった。さらに「TV」アプリでは、ストアタブから、映画を1か所でブラウズ、購入、レンタル可能になった。

CarPlayも進化。対応している都市のみとなるが、右左折車線、中央分離帯、自転車レーン、横断歩道などの道路の情報が表示されるようになった。

ほかにも細かな機能が進化しており、省電力モード中のiPhoneでも、「探す」で最大5時間検出することが可能となった。

今回のiOS 15.2では、以下のバグの修正も行われている。

・VoiceOverが動作中にiPhoneがロックされているとSiriが応答しないことがある問題
・他社製の写真編集AppでProRAWの写真を表示すると、露出オーバーに見える場合がある問題
・iPhoneがロックされていると、ガレージドアを含むHomeKitシーンがCarPlayから実行されない場合がある問題
・CarPlayで一部のAppの“再生中”情報がアップデートされない場合がある問題
・iPhone 13モデルでビデオストリーミングAppのコンテンツが読み込まれないことがある問題
・Microsoft Exchangeユーザのカレンダーイベントが間違った日に表示される場合がある問題

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク

トピック