秋後半発売/399ドルから

「Apple Watch Series 7」発表。本体サイズ変えず大画面化/初の防塵対応

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:小野佳希
2021年09月15日
アップルは、「Apple Watch Series 7」を発表、今年秋の後半に発売する。国外での価格は399ドルから。国内価格は現時点では不明。

「Apple Watch Series 7」が発表、今秋後半に発売する

筐体サイズはほぼそのままに、Series 6比で20%、Series 3比では50%以上の大画面化を実現。Retinaディスプレイは、屋内で手首を下げた状態でも最大70%明るく見えるようになった。また、タッチセンサーをOLEDパネルと統合したことをはじめ、様々な部品を一体化することでディスプレイを薄型化、フレームも1.7mmまで細くした。

Series 6 / Series 3との画面サイズ比較

大画面化したことに合わせてUIも改良。ストップウォッチやアラームなどで各種アイコンをタップしやすいようにしたほか、Series 6よりも約50%多くの文字を画面上に表示できるようになった。また、Series 7用にデザインした新たな文字盤デザインも提供する。

フルキーボードでの文字入力に加えて、文字から文字へなぞるように入力できる「QuickPath」に対応。機械学習による予測を活用した入力方法となる。

Apple Watchとして初めてIP6X相当の防塵性能を装備。WR50の防水性能も引き続き備えている。前面クリスタルの形状を変え、厚みも増すことで、強度と耐久性も向上させた。

バッテリー持続時間は引き続き約18時間だが、充電時間をSeries 6比で最大33%高速化。新たな充電機構とUSB-Cケーブルによって、45分の充電で80%まで充電できるほか、8分間の充電で8時間の睡眠記録に使用できる。

OSにはwatchOS 8を搭載し、新たにワークアウト中の転倒検出機能も装備。転倒検出機能のアップデートは、watchOS 8以降を搭載したApple Watch Series 4以降のモデルにもアップデート提供する。

デザイン面では四隅がより柔らかく丸みを帯びたものに。カラーバリエーションはグリーン、ブルー、(PRODUCT)RED、スターライト、ミッドナイトの5色を用意する。

関連記事