アスペクト比は24:10

EIZO初の37.5型ウルトラワイド曲面モニター「FlexScan EV3895」。USB Type-C搭載

編集部:平山洸太
2020年09月17日
EIZOは、37.5型のウルトラワイド曲面モニター「FlexScan EV3895」を10月16日に発売する。価格はオープンだが、同社直販サイトにて209,000円(税込)での販売を予定する。

「FlexScan EV3895」

ウルトラワイド曲面モニターの発売はEIZO初。ユーザーを中心に穏やかな弧を描いて湾曲することで、画面の左右端に近づいてもユーザーの目と画面の距離が離れることがなく、大画面でありながら両端まで見やすいという。画面の解像度はUWQHD+(3,840×1,600)で、アスペクト比は24:10。また、輝度は300カンデラで、コントラスト比は1,000:1となる。

USB Type-Cに対応し、1本のケーブルで対応機器からの画面表示、音声再生、PCへの給電(最大85W)のほか、周辺USB機器の接続や有線LAN接続も同時に実現。インターフェースとして、USB3.0×4のハブ機能、HDMI×2、DisplayPort、USB Type-B×2(アップストリーム)、有線LANを備える。オーディオ面では、ステレオミニジャックとステレオスピーカーも内蔵する。

端子類一覧

PbyP機能により、最大3台のPCからの入力情報を1画面で表示可能。メイン画面として大きく表示するウィンドウを切り替えられるMain Window Swap機能も搭載する。KVM機能を備えるほか、USBハブに接続したマウスやキーボード、ヘッドセットなどを3台のPC間で切り替えて使用できる。

デザインは3辺フレームレスを採用し、ホワイトモデルも用意。ケーブルなどもホワイトで統一することで、明るい雰囲気のオフィスが実現できるとする。ケーブルマネージメントにも配慮し、端子やケーブルをめとめる専用のカバーも付属する。

ホワイトモデルも用意

ブルーライト約80%カットや、ちらつきのカットなどの疲れ目対策も採用。画面の明るさの自動調整機能も備えるため、消費電力を削減しながら目の負担軽減が行える。出荷前には、国内の工場で1台ずつ色調整を実施。半年間の無輝点保証と、5年間の保証を付帯する。外形寸法は893.9W×411 - 603.7H×240Dmmで、質量は約13.2kg。

関連リンク

関連記事