IPTC情報の書き込みやUSB-Cからの有線LAN接続も

ソニー、マスモニ基準で1台ごとに画質調整した“プロ仕様”スマホ「Xperia 1 Professional Edition」

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:平山洸太
2019年10月23日
ソニーは、クリエイターの創造性を高めるとする特別仕様のSIMフリースマートフォン「Xperia 1 Professional Edition」を10月25日に発売する。販売価格は143,000円(税抜)で、ソニーストア 銀座/札幌/名古屋/大阪/福岡天神、直販サイト、法人向けの購入相談デスクにて販売。カラーはブラックを用意する。

「Xperia 1 Professional Edition」

壁紙を含めたホーム画面の横表示に対応

Xperia 1は、映画とほぼ同じアスペクト比 21:9のシネマワイドディスプレイを搭載するスマートフォン。同端末は今年6月の発売以来、映画製作現場におけるサブモニターや、フォトグラファーの撮影ソリューション、eスポーツ大会の公式端末といった本来の領域を超える用途で使用されていることから、これらユーザーの要望に応える仕様としてラインナップするという。

実際にクリエイターの声をヒアリングしたとのこと

映画製作者/フォトグラファー/eスポーツプレイヤーの使用を想定

ディスプレイは4K解像度(3,840×1,644ピクセル)の有機ELディスプレイで、Ultra HDの放送規格「ITU-R BT.2020」の色域や10bitの信号に対応。従来モデルとは異なり、同社製マスターモニターの技術を生かした色設定「クリエイターモード」がデフォルトの設定となる。

マスターモニターのサブモニターとしても使用も想定

標準でクリエイターモードに設定

また出荷時には1台ごとに測色して調整を実施。同社製マスターモニターを基準に、色温度をD65に調節することで、個体ごとの色の安定性が高められた。これにより、「クリエイターの意図に忠実な色表現が可能で、映像制作現場のモバイルモニターとしても利用できる」とアピールしている。

1台ごとにキャリブレーションを実施

測色のイメージ。白画面において測色機で中央を測定する

またフォトグラファー向けの機能として、従来は同社ミラーレス一眼カメラ「α9II/α9/α7RIV/α7RIII/α7III」との接続時、同カメラで撮った写真にしか行えなかったIPTC情報の書き込みを、Xperia 1 Professional Editionの本体カメラで撮影した写真でも可能に。

トリプルレンズカメラを搭載する背面部

IPTC情報は主に報道の場においてカメラマンが現場写真を送る際に用いるもの(◯◯戦、〇〇のシーンなどのタグ付け)。スマートフォンから撮影したものをダイレクトに送信できるため、「より機動性の高い報道向けフローの改善が見込める」という。

パッケージの左上には「Professional Edition」のシールが貼られる

カメラアプリから「Transfer & Tagging add-on」モードをオンにすることで直接タグ付けが可能

またこの機能に必要な、カメラと連携してFTP転送/ITPC情報のタグ付けができるアプリ「Transfer & Tagging add-on」、カメラで撮影した静止画/動画をスマートフォンにシェアできる「Imaging Edge Mobile」がプリインストールされる。なおスマートフォン本体で撮影した写真への直接タグ付けについては、10月末以降のアップデートで対応するとしている。

「Transfer & Tagging add-on」「Imaging Edge Mobile」をプリインストール

eスポーツや各種イベント向けの仕様としては、USB Type-Cからの有線LAN接続に対応。USB Type-Cから有線LANへの変換ケーブル(別売)を利用することで、有線LAN接続が行えるようになる。これにより、会場において安定した通信接続でゲームプレイができ、現場でのネットワーク混線も回避可能。さらに「ゲームエンハンサー」を組み合わせて使用することで、モバイルゲーム体験のクオリティを引き上げるという。

端末としての基本性能では、SoCにQualcomm Snapdragon 855を搭載し、メモリは6GBを備える。ストレージは通常モデルの倍となる128GBとなっており、microSDカードの使用にも対応する。またmicroSDスロットと排他利用になるものの、デュアルSIMも使用可能だ。

デュアルSIMに対応

各キャリアからではなくSIMフリー端末として販売され、docomo/au/softbankなど各社の回線にも対応しているとのこと。基本的仕様の多くは通常のXperia 1と共通で、ディスプレイにはCorning Gorilla Glass 6を採用し、防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)にも対応。ハイレゾ音源再生や側面指紋センサーによるロック解除や、瞳AF対応のトリプルレンズカメラなどを搭載する。

大きく異なる仕様では、Felicaと地デジを搭載しないこと。またデフォルト設定が異なっており、サイドセンスがオフ、ホームローテーションがオン、ダイナミックバイブレーションがオフとなっている。なおホーム画面は横画面用の壁紙も用意され、先述のようにサブモニター利用など、横画面を多用することを想定する。本体の厚みは約8.2mmで、質量は約178g。

Xperia 1(左)/Xperia 1 Professional Edition(右)との仕様比較

関連リンク

関連記事