LTEモデルは今年後半を予定

Microsoft、 399ドルからの10インチタブレット「Surface Go」。日本でも間もなく予約開始

編集部:風間雄介
2018年07月10日
米Microsoftは、Surfaceシリーズの新製品として、399ドルからという安価な価格設定を実現した「Surface Go」を発表した。本日米国などではWi-Fiモデルの予約受け付けを開始し、8月2日に発売する。LTEモデルは今年後半を予定している。日本でも数週間以内に予約受付を開始するとしている。

Microsoft「Surface Go」

Surface Penにももちろん対応

プロセッサーは第7世代のIntel Pentium Gold 4415Y。薄さはわずか8.3mmで、質量は約522g。キックスタンドを内蔵し、165度まで画面角度を付けることができる。

USB-C 3.1端子を装備。またヘッドホン端子やmicroSDカードリーダーも備える。ディスプレイのアスペクト比は3対2。Surface Penをサポートし、4,096段階の筆圧感度を備える。さらにキーボードカバー「Surface Go Signature Type Cover」は5点マルチタッチのトラックパッドを装備。ほかにマウス「Surface Mobile Mouse」なども用意している。

関連記事