HOME > ニュース > PS5のシステムアップデートが本日9/7配信開始。1440p出力対応/ゲームリスト機能などが追加

PS Appに新機能追加のアナウンスも

PS5のシステムアップデートが本日9/7配信開始。1440p出力対応/ゲームリスト機能などが追加

2022/09/07 編集部:伴 修二郎
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
PlayStation 5のシステムソフトウェアアップデートが、本日9月7日に配信開始された。

PS5のシステムアップデートが配信開始!

本アップデートでは、これまでユーザーからの要望が多かったとする、1440p解像度でのHDMI映像出力に対応。1440p/60Hz、または1440p/60Hzと120Hzの両方に対応しているテレビやPCモニターにて適応される。なお、PS5のVRR機能では1440p解像度は対応しない。

加えて、ゲームリスト機能や、パーティーのメンバーにシェアスクリーンをリクエストする機能の追加、新しいフレンドのプロフィールが簡単に閲覧することが可能となった。

また、パーティーに参加した際、フレンドがプレイしているゲームにすぐに参加できるよう通知の受け取りが可能になったほか、いくつかのソーシャル機能も追加された。サウンド面では、3Dオーディオとステレオオーディオの聴き比べ機能が追加され、自分の耳で違いを確認した上で好みの設定を選択できるようになった。

そのほか、進行中のアクティビティがゲームハブの上部に目立つように表示され、より早く簡単にゲームを再開できる仕様になっている。

なお、本体アップデートに加えて、「PlayStation App」向けにいくつかの新機能を追加するアップデートを、今月から全世界に向けて順次配信していくことも発表された。

本アップデートでは、iOSおよびAndroid端末のPS Appから「PS Remote Playアプリ」を直接起動し、リモートプレイのセッションが開始できるようになる。なお、本機能を利用する場合は、PS AppおよびPS Remote Playの両方のアプリを、手持ちのモバイル端末やタブレットにインストールする必要がある。

また、PS5本体の機能と同様に、PS Appからもパーティーメンバーにシェアスクリーンをリクエストし、フレンドのゲームプレイをアプリから視聴することが可能となる。

フレンドのゲームプレイをアプリから視聴可能となる

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク