11/23まで

楽天ブラックフライデーを“さらにお得に”楽しむ3つの方法

  • Twitter
  • FaceBook
PHILE WEB編集部
2021年11月20日
楽天市場では「ブラックフライデー」セールを11月23日1:59までの期間で開催している。お買い得商品が多数並び、最大43倍のポイント還元など見逃せない要素が目白押しだ。そんな楽天のブラックフライデーを “さらにお得に” 楽しむ方法を紹介したい。

■期間中“毎日”開催のダーツくじでポイントゲット!

セール期間中1日1回抽選することができる

普段から楽天市場で買い物をされているユーザーであれば、お馴染みかもしれない楽天市場のマスコット「お買いものパンダ」がダーツを投げる「ラッキーくじ」。楽天市場会員は1日1回引くことのできる抽選キャンペーンだが、それとは別に、ブラックフライデーの期間中は「楽天市場のブラックフライデー ダーツくじ」が用意される。



セール期間の5日間、1日1回のみ参加できるポイントくじで、当選者にはブラック=黒(クロ)にちなんで、A賞9,600ポイント、B賞96ポイントが当選翌日に付与される。当選者の数はA賞が1日10本、B賞が1日7,000本。一見すると上位賞当選者数が渋く見えてしまうが、平時に行われているラッキーくじの上位賞5,000ポイントの当選者が1日1本ということを踏まえると、なんとも気前の良い企画だ。

ちなみに、本キャンペーンで当選するポイントは、セール期間中のみ使用可能なものとなっている。特典ポイントは当選した翌日0:00 - 15:00頃に付与されるとのこと。

さらにセール最終日には、翌日のポイント付与の代わりに「ブラックフライデー期間中のお買い物金額分がポイント9倍(通常ポイント1倍+特典ポイント8倍)」になるC賞も96本用意される。C賞による獲得上限ポイントは1,000ポイント。いずれの日も期間中に何かしら買い物をするのであれば、特に参加条件もなく1クリックで抽選できるので、必ず引いておきたい。

■美味しく節税対策「ふるさと納税」で“買いまわり”カウント!

自分の寄付上限金額をチェックできるシミュレーターも用意されている

今回のブラックフライデーセールでは、10ショップ以上を回って買い物をする「買いまわり」でポイント最大9倍獲得できるキャンペーンも実施中。楽天市場から行える「楽天ふるさと納税」についても、寄付した自治体がそのまま買い物をした店舗数のカウント対象となっている。



つまり、寄付した金額分の「返礼品」を受け取りつつ、寄付金額に応じた楽天ポイントを獲得、その上「買いまわり」特典で後日期間限定ポイントをゲットできるというわけだ。もちろん、寄付金控除の手続きをきちんと行なうことで節税にもなる。ブラックフライデーの割引対象品に欲しい物がなくとも、ぜひトライしておきたいお得な制度だ。

■楽天カードユーザーは今日が買い!0のつく日はポイント5倍!

楽天が発行するクレジットカード「楽天カード」は、通常時より楽天市場での買い物利用のポイント還元が3倍となるが、毎月0と5のつく日(5日/10日/15日/20日/25日/30日)は、楽天市場でのポイント還元率が5倍(プレミアムカード会員は7倍)となる。

楽天カードユーザーは本日20日の買い物のポイント還元率が5倍に!

ブラックフライデーセールの3日目の日付は20日、まさにこのタイミングだ。“楽天カードのユーザー”と対象者が限られてしまうが、割引製品が多数登場するこの機会に、カード使用のポイント還元率が5倍というのは見逃せない。なお、こちらのポイント5倍キャンペーンは事前のエントリーが必要なため、お買い物の前に忘れずにチェックしておこう。

関連記事