HOME > ニュース > 「カップヌードル」の残り汁を固めるパウダー、日清食品と小林製薬が共同開発

10000包限定プレゼントキャンペーン

「カップヌードル」の残り汁を固めるパウダー、日清食品と小林製薬が共同開発

2021/03/29 ファイルウェブ編集部
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
日清食品と小林製薬は、「カップヌードル 残ったスープ固めるパウダー」を共同開発。対象商品1食の購入ごとに1包をプレゼントするキャンペーンを開始した。

「カップヌードル 残ったスープ固めるパウダー」

カップヌードルはお湯さえあれば、いつでも、どこでも食べられるという手軽さが魅力だが、その一方で、アウトドアなどでは残ったスープの処理方法に困るというシーンがある。その課題を解決するために、日清食品と小林製薬が共同開発したのが「カップヌードル 残ったスープ固めるパウダー」となる。

このパウダーを開封し、食べ残りの入ったカップヌードルの容器に1袋全部入れ、すぐに10秒程度かき混ぜてからしばらく置いておくと、スープが固まる。あとは容器ごとゴミとして処分できるとのこと。

パウダー1袋を全部残ったスープに入れ、かき混ぜて放置すると固まる

注意事項として、パウダーは食べられないこと、カップヌードルの食べ残しスープの固化以外には使用しないこと、残ったスープが少ないと粉状のまま残る場合があることなどが挙げられている。

なお、パウダーは非売品となり、購入後の転売等は禁止とアナウンスされている。キャンペーンでは10,000包の配布を実施。特設ページに掲載している商品のみがキャンペーンの対象で、大量購入コーナーでの購入は対象外。10,000包が終了次第、キャンペーンは予告なく終了となり、配布の進捗状況は問い合わせても回答できないとのこと。

またパウダーの使い方を紹介した、小林製薬のテレビCMのパロディ動画、「汗ばむ季節 篇」「のどがイガイガ 篇」がYouTube日清食品グループ公式チャンネルにて公開されている。



この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク

トピック