創立40周年記念

ファミリーマート、“ファミチキ越えの問題児”「クリスピーチキン」発売

  • Twitter
  • FaceBook
ファイルウェブ編集部
2021年03月01日
ファミリーマートは、3月2日より新商品として「クリスピーチキン」を発売する。プレーンとハバネロホットの2つの味を用意。価格は145円(税込)。

プレーンとハバネロホットをラインナップ

同社は2021年9月に創立40周年を迎え、「ファミマる。」を合言葉に、「驚きと喜びのある『40のいいこと!?』」に取り組んでいくとしている。その第1弾として、 “ファミチキ越えの問題児” とアピールするクリスピーチキンを発売する。

クリスピーチキンはカリッとした食感の衣を楽しむ新スタイルの商品となっており、新鮮な鶏むね肉を使用することで、しっとりやわらかに仕上げた。

そして特別な製造工程を採用することで、踊る衣を表現。躍動感のある見た目を実現したとする。

また、お茶とお水のペットボトル飲料を対象商品としたサービス『ファミマのボトルキープ』も展開。ファミリーマートのアプリ「ファミペイ」経由でチケットを購入することで、通常よりもお得に対象ペットボトルが購入できるというものだ。

『ファミマのボトルキープ』

チケットは24本分のまとめ買いという形式で、価格は1,900円(税込)。通常2,400円(税込)より500円お得となる。発売は3月30日を予定。有効期間は180日間で、全国約16,700店にて、好きな時に引き換えができる。

ほか、ファッションデザイナーの落合宏理氏と共同開発した「Convenience Wear」の全国発売や、添加物削減の取り組みの強化、全国の加盟店やストアスタッフ参加型の新商品を発売するなどの展開を行う。

関連リンク

関連記事