不快なにおいをジャスミンの香りに調和

ロッテ、マスク用ガム「ACUO FOR MASK」。マスクの中のにおい対策に

編集部:押野 由宇
2021年01月14日
ロッテは、 マスクの中のにおい対策のためのガム「ACUO FOR MASK」を、1月19日より発売する。市場予想価格は税抜184円前後。

「ACUO FOR MASK」

ACUO FOR MASKはマスク用ガムとして、マスクの中のにおいが気になるという消費者の悩みを解決するため、 口の中や息だけなく “マスクの中の空間” に着目。同社初の 「ハーモナージュ技術」を採用している。

不快臭の軽減に使われる香料技術としては、別の香りで覆い隠す「マスキング技術」があるが、別の香り自体が強く、ガムにおいては食べづらいといった課題があった。これに対してハーモナージュ技術は、 不快な香りをよい香りの構成の一つととらえることで、 不快な香りを感じにくくさせるという香料技術。これにより、多くの人が不快感を覚えるマスクの中のにおいを、 ガムの香りが取り込んでジャスミンの香りに調和させることに成功したという。

「ハーモナージュ技術」でマスク内の不快なにおいを良い香りに調和

実際にロッテ社員28名を対象に実施したアンケートによると、本商品を噛んでマスクの中の香りが不快と感じる人の割合が、噛む前と比べ9割減ったという結果が出たとのこと。 また、従来の清涼感のあるガムでは、マスク着用時に噛むことで目のひりつきが生じやすくなるが、これが生じにくいよう工夫している。

関連リンク

関連記事