缶のふたを全開すると泡が自然に発生

日本初、飲食店の“生ジョッキ”感を再現する「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」4月発売

編集部:松永達矢
2021年01月08日
アサヒビール株式会社は、家庭内での飲用をより楽しく、ワクワクさせる、新しい価値を提供する商品として「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」を4月20日(火)から全国で発売する。酒類取り扱いのコンビニエンスストアでは4月6日(火)から先行発売が実施。価格はオープンとなっている。

「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」

同社が実施した調査によると「自宅では飲食店のような本格的な生ビールが味わえない」ことに不満を感じている声が6割を超えていると説明しており、自宅などにおいて飲食店で飲む樽生ビールのような味わいを気軽に楽しみたいというニーズに応えるものとして本品を展開する。

開栓するときめ細かい泡が自然に発生し、飲食店のジョッキで飲む樽生ビールのような味わいが楽しむことができるとしており、缶のふたが全開することで、麦芽の香りが感じやすくなるとともに口に流れる液量が多くなり、“生ジョッキ”のような感覚で飲用することができるとアピールする。

飲料缶初採用の「ダブルセーフティー構造」の開口部と泡の発生イメージ

開栓直後に自然発生する泡は、缶体内側の特殊塗料により、通常の缶からビールをグラスに注いだ時に発生する泡よりもきめ細かくなっており、缶のまま直接飲用することで冷たさも炭酸ガス圧も維持される。

缶のふたが全開することで“生ジョッキ”感を再現する開栓部は、飲料缶では初採用となるダブルセーフティー構造を採用。手や口を切る恐れがなく、安心して飲用できるとのことだ。

関連記事