ティザーサイトも公開

『SLAM DUNK』アニメ映画化決定。「“新しいアニメーション映画”を制作中」

ファイルウェブ編集部
2021年01月07日
東映アニメーションは、人気漫画『SLAM DUNK』のアニメ映画化が決定したことを発表した。ティザーサイトおよび作品公式ツイッター(@movie_slamdunk)の公開もスタート。東映アニメーションは「 “新しいアニメーション映画” を制作中ですので、引き続きご注目お願いいたします」とコメントしている。

井上雄彦氏のTwitterに掲載された手描きメッセージ

作者の井上雄彦氏も自身のTwitterアカウントで直筆メッセージを掲載。ツイートでは、ハッシュタグ「#slamdunkmovie」とともに、同氏直筆とみられる「SLAM DUNK 映画になります!」のGIFメッセージを公開。日本のみならず各国のファンからリプライが寄せられている。

なお『SLAM DUNK』のアニメ映画はこれまで『スラムダンク』(1994年3月)、『スラムダンク 全国制覇だ! 桜木花道』(1994年7月)、『スラムダンク 湘北最大の危機! 燃えろ桜木花道』(1995年3月)、『スラムダンク 吠えろバスケットマン魂!! 花道と流川の熱き夏』(1995年7月)の4作が公開されている。

主人公の桜木花道は草尾毅氏、赤木剛憲は梁田清之氏、流川楓は緑川光氏、三井寿は置鮎龍太郎氏、宮城リョータは塩屋翼氏が声優を務めていた。主要キャストが続投となるかも注目されるところだ。



関連記事