多数の機能を追加

Nintendo Switch、本体更新「11.0.0」配信開始。スクショをスマホ/PCに送れるように

PHILE WEB編集部
2020年12月01日
任天堂(株)は12月1日、「Nintendo Switch」の本体更新を実施。新たにバージョン11.0.0の配信を開始した。

バージョン11.0.0では、HOMEメニューに「Nintendo Switch Online」を追加したほか、「セーブデータお預かり」で、バックアップしたセーブデータを自動的にダウンロードする機能に対応した。

また、マイページにフレンドが遊んだことのあるソフトなどを確認できる「トレンド」機能を追加。複数のダウンロード対象がある場合に、最初にダウンロードしたいものを選べるようにもなった。

加えてスクリーンショットなどを外部機器に転送する機能を強化。スマートフォンと無線接続して写真や動画を1度に最大10枚まで転送できるようになったほか、USB接続でパソコンにコピーする設定も選べるようになった。

そのほか、ユーザーアイコンにスーパーマリオブラザーズ35周年を記念した12種類のアイコンを、対応言語には「ポルトガル語(ブラジル)」を追加。「ボタンの割り当てを変える」機能では「お気に入り」に名前を付けられるようになるなどアップデートを施したほか、いくつかの問題の修正と動作の安定性、利便性を向上させた。

関連リンク

関連記事