公開39日間での興行成績が発表

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』興行収入259億円、観客動員1,939万人に到達! 日本一まであと50億円

編集部:杉山康介
2020年11月24日
『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の公開39日間での興行成績が発表。累計興行収入は25,917,043,800円、累計観客動員数は19,397,589人となった。

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』興行収入1位まであと50億円

10月16日(金)より全国411館(IMAXシアター38館含む)の劇場で公開されている本作。公開6周目となる先週末の成績は11月21日(土)が興行収入439,606,550円/観客動員314,726人、11月22日(日)が興行収入592,738,550円/観客動員433,315人、11月23日(祝・月)が興行収入460,110,250円/観客動員357,741人となっている。

まさに猪突猛進といった勢いで日本映画の記録を塗り替え続ける同作だが、公開6週目にして観客動員2,000万人直前まで到達。興行収入も『千と千尋の神隠し』の308億円まであと50億円ほどと、日本映画興行収入第1位までのカウントダウンが始まったようにも思える。今週末からは「来場御礼入場者特典」第2弾の配布もスタートするため、まだまだこの勢いは止まらないだろう。

関連記事