公開5週目の成績発表

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』公開1ヶ月で興行収入約233億円、観客動員約1,750万人を達成!

編集部:杉山康介
2020年11月16日
『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の公開31日間での累計興行収入は23,349,291,050円、累計観客動員数は17,505,285人となったことが発表された。

年内の日本映画興行収入第1位達成をなし得るか?

10月16日(金)より全国411館(IMAXシアター38館含む)の劇場で公開されている本作。公開5周目となる先週末の成績は11月14日(土)が興行収入795,343,500円/観客動員611,418人、11月8日(日)が興行収入726,313,550円/観客動員535,986人となっている。

すでに日本映画史に残るレベルの記録を打ち立て続けているが、公開から1ヶ月を迎えてもなお勢いは衰えない。むしろ11月14日から「来場御礼入場者特典」の第1弾が配布スタートしているため、さらなる加速もあり得るかもしれない。果たして日本映画興行収入第1位の記録を塗り替えるか、そしてそれを公開何日で成し遂げるのか、注目していきたい。

関連記事