そのほかにも様々な35周年キャンペーンを展開

任天堂『ゲーム&ウオッチ』スーパーマリオ35周年記念モデルが11/13発売

編集部:小野佳希
2020年09月03日
任天堂は、1980年に登場した携帯型ゲーム機『ゲーム&ウオッチ』の筐体でファミコン用ソフト『スーパーマリオブラザーズ』『スーパーマリオブラザーズ2』をプレイできる『ゲーム&ウオッチ スーパーマリオブラザーズ』を11月13日に発売する。2021年3月までの期間限定生産となり、価格は4,980円(税抜)。

任天堂公式サイトより

ファミリーコンピュータ『スーパーマリオブラザーズ』の発売から、今年で35周年となることを記念したもの。このほかにも、特別ソフト『SUPER MARIO BROS. 35』をNintendo Switch Online加入者限定で10月1日から期間限定無料配信したり、『あつまれ どうぶつの森』に「スーパーマリオ」の家具を登場させる(2021年3月予定)など、さまざまな施策が展開される。

『ゲーム&ウオッチ スーパーマリオブラザーズ』は、2.36インチのフルカラー液晶を搭載。タイトル画面で“とあること”をすると、マリオが何回ミスをしてもゲームオーバーにならないモードに変化。難しいコースでもマリオの残り数を気にせず、当時のゲーム&ウオッチのように何度でも気軽にチャレンジできるようになったとしている。

スーパーマリオをプレイしているところ

また、ゲーム&ウオッチの初代タイトルである『ボール』も収録しており、キャラクターがマリオになった特別バージョンを遊ぶことが可能。とある方法で、ルイージも選べるようになるようだ。

ゲームを遊ばないときには、ボタンひとつで、マリオデザインのデジタル時計として活用可能。この「マリオ時計」では、35種類の小さな秘密イベントが発生するとのことで、特定の時間帯に発生するイベントのほか、ある操作をすることで発生するイベントもあるという。

内蔵リチウムイオンバッテリーでの駆動で、本体側面のUSB端子から充電を行う仕組み。約3時間の充電で約8時間のゲームプレイが可能。

そのほかの35周年キャンペーンの内容は公式サイトで確認できる。



関連記事