HOME > ニュース > かんたん設置で個室空間、テレワークにも使える間仕切り「Koshitsu-Dana(コシツダナ)」

プラスティック製ダンボール箱を採用

かんたん設置で個室空間、テレワークにも使える間仕切り「Koshitsu-Dana(コシツダナ)」

2020/08/19 PHILE WEB編集部
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
(株)タチバナ産業は、プラスティック製段ボール箱を使った間仕切り “便利ダナ”シリーズの新商品として、個室パーテーション間仕切り「Koshitsu-Dana(コシツダナ)」を本日8月19日に発売した。Amazonでの販売価格は29,700円(税込)。

「Koshitsu-Dana(コシツダナ)」

製品寸法は179W×180H×90Dcm、質量は約9kg。本体色が多いのも特徴で、イエロー、オレンジ、グレー、ナチュラル、ブラック、ベージュ、グリーン、ブルーから選べる。

タチバナ産業は、ダンボール箱やプラスティック製ダンボール箱(プラダン)の製造と販売を手がける会社。今回のKoshitsu-Danaについて同社は「ネットカフェのように周囲との接触を遮断し、テレワークや受験勉強に集中したい、ゲームや趣味に没頭できる閉鎖空間を簡単な組み立てで作れる」と説明している。

入口は左右どちらかを選択でき、部屋の形状に合わせて設置可能。天井は吹き抜けとなっており、採光して明るさをキープできる。また空調も遮ることなく快適な空間を保てるとしている。

「Koshitsu-Dana(コシツダナ)」の中で仕事をしている様子

耐久性が高く、長く使用できることも特徴とアピール。ピンを刺したりメモを貼ることも可能という。底面には電源コードを通す隙間を全面に確保し、電源位置に合わせてスマートに配線することが可能だ。

組立は6枚のパネルをジョイントで連結させるだけと、簡単に設置が可能。分解も同様に、簡単に行えるとしている。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE