デスクやモニターアームも

ロジクールGとハーマンミラー、ゲーミングチェアを共同開発。約21万円

編集部:風間雄介
2020年07月23日
ロジクールGと、米国の家具メーカーであるハーマンミラーは、初の共同開発を行い、人間工学に基づいた高機能ゲーミングファニチャーやアクセサリーの新シリーズを発表。本日7月23日から日本国内で販売を開始した。

第一弾として、ゲーマーの身体的負担を軽減する「エンボディゲーミングチェア」を発売。ハーマンミラーの公式オンラインストアやリアル店舗で販売開始した。価格は214,225円。そのほか上昇降デスク「オーグメントレシオゲーミングデスク」(223,390円)、モニターアーム「オーリンモニターアーム」(41,470円)なども販売する。

「エンボディゲーミングチェア」

後ろから見たところ

両社が共同開発した期間は2年近くにおよび、世界中のeスポーツのプロやプレーヤーを調査し、そのニーズを理解しようと努めた。すると、プレーヤーが無意識のうちに長時間座って、パフォーマンスや健康に悪影響を及ぼすような姿勢をとっていることがわかったという。

ハーマンミラーのチーフマーケティングオフィサーであるティム・ストレイカー氏は、この調査結果から「腰部のサポートの改善、前傾、回転のしやすさ、テーブルとモニターを調整しやすくするなど、現在あるプロダクトを変更する必要がある」と考えたと説明する。

これらの条件を満たすため、エンボディゲーミングチェアは、体圧の分散、自然な着座姿勢、健康的な動きをサポートするように開発。長時間座ることによる熱の蓄積を軽減する銅粒子入りのクーリングフォームや、体重を均等に分散させて圧迫感を軽減し、座る人の動きを促すピクセルサポートも備えている。

デスクやモニターアームと組み合わせたところ

関連記事