『聲の形』『コクリコ坂から』など

金曜ロードSHOW!で5週連続アニメ放送。『打ち上げ花火』地上波初、やっぱり今年の夏もジブリ

編集部:押野 由宇
2020年07月10日
金曜ロードSHOW!にて、この夏5週連続で、日本の劇場アニメ作品が放送されることが決定した。

スタートを切る7月31日は『聲の形』。日本アカデミー賞優秀賞をはじめ、アヌシー国際アニメーション映画祭など国内外の映画祭でも高い評価を得た感動作が放送される。8月7日は『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』をノーカットで地上波初放送。岩井俊二監督の名作ドラマを原作に、日本を代表するクリエイターが集結。声のキャストには広瀬すず、菅田将暉と豪華メンバーが起用されており、こちらも日本アカデミー賞優秀賞の受賞作だ。

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』は地上波初放送/ノーカット

8月14日からはスタジオジブリ作品が続く。まずは宮崎駿監督の名作『となりのトトロ』をノーカットで放送。そして8月21日は、前の東京五輪の前年・1963年を舞台にした青春ストーリー『コクリコ坂から』を本編ノーカットで放送する。ラストの8月28日には、床の下に住む小人の少女と、少年の交流を描く『借りぐらしのアリエッティ』がノーカット放送される。

今年の夏もジブリ作品を放送

関連リンク

関連記事