商品を作る工程で余った生地を使用

Gap、コットン100%三層構造のマスク。バナナ・リパブリックからも

ファイルウェブ編集部
2020年07月07日
ギャップジャパンは、Gap、Banana Republic(バナナ・リパブリック)両ブランドからマスクを発売すると発表。Gapブランドのマスクは7月8日から、バナナ・リパブリックブランドのマスクは7月末から発売する。

Gapブランドのマスクの装着イメージ

Gapのマスクは3枚1パックで990円(税込)。肌にやさしいコットン100%の三層構造を採用し、ノーズワイヤーを入れることで顔にぴったりとフィットするようにも配慮している。また、繰り返しの洗濯も可能。大人向けが4種類、子供向けが2種類、合計6種類での展開となる。また、商品を作る工程で余った生地を使用しており、環境に配慮した製造を行っているという。

Gap製マスクのデザインバリエーション

バナナ・リパブリックのマスクは、無地デザインを採用することでシンプルで様々なスタイルにも合わせやすいよう配慮。女性向けにはフローラルプリント、男性向けにはカモ柄などあわせた3枚セットで、価格は2,990円(税込)。ストラップの調整が可能で、ノーズワイヤー入りであるほか、マスクの内側にはカーゼを収納できるポケットも備えている。また、こちらも洗濯が可能な素材を採用している。

バナナ・リパブリック製マスクのデザインバリエーション

また、店舗限定で、バナナ・リパブリックのルーツでもあるサファリをイメージしたデザインのマスクも用意。マロニエゲート銀座3店、新丸ビル店、玉川高島屋SC店、横浜ランドマークプラザ店限定で販売する。

関連リンク

関連記事