コナカとスーツセレクトのオンラインショップで予約受付開始

コナカ、冷感ワイシャツ素材で国内生産した夏用マスク『COOL MOVE 洗える立体マスク』

ファイルウェブ編集部
2020年06月30日
コナカは、国内ワイシャツ工場で生産した接触冷感性と吸水速乾性があるワイシャツ素材を使用した夏用のマスク『COOL MOVE 洗える立体マスク』を紳士服コナカ、紳士服のフタタ併せて限定50店舗、スーツセレクト限定100店舗で7月3日より、1枚1,000円(税抜)で店頭販売を開始する。オンラインショップでは、7月中旬発送分の予約販売を開始している。

COOL MOVE 洗える立体マスク

初回生産数は15,000枚で、次回以降随時生産を予定。コナカオンラインショップ、スーツセレクトオンラインショップともに本記事制作時点(6月30日12時35分)ですでに一部カラーに売切れとなっているものが出ている。

色柄は白ドビー、サックス、ブルーの3パターン、サイズはS(高さ13.0cm、折り畳み時の横9.5cm)、M(高さ14.5cm、折り畳み時の横11.0cm)の2パターンを用意。なお、店頭在庫に限りがあるため、当面の間、ひとり2枚までに購入数を制限する。

「サックス」カラーを身に着けた女性

「ブルー」カラーを身に着けた男性

マスクに使用するCOOL MOVEシャツ素材は、接触冷感性、吸水速乾、通気性に優れた特徴を持つとのことで、ワイシャツ生地のため、洗濯後もノーアイロンで繰り返し着用できることから夏用のマスクとして販売することにしたと同社は説明。「マスク外側には、弊社のワイシャツで一番人気のニット生地を使いファッション感度を高め、内側には接触冷感性と吸水速乾性の高いCOOL MOVEシャツ生地を使うことで、暑い季節にも快適に着用できるマスクを、国内のワイシャツ工場で生産いたします」とアピールしている。

立体構造を採用することで、息苦しさを軽減するよう配慮。また、市販フィルターを入れられる構造になっており、コナカ、スーツセレクトのオンラインショップ限定で販売している「マスク用高性能フィルタ」を入れれば、「PFE99%」(微粒子ろ過効率)を実現する。さらに、耳ひもは着用で耳が痛くならないよう長さ調整ができるようにしている。

関連記事