当選者は従来通り7万人

シャープのマスク、次回当選数は8万4,000箱に増加。新規応募は7万人、倍率は依然100倍超

PHILE WEB編集部
2020年06月19日
シャープは、同社製の不織布マスク「MA-1050」(2,980円/50枚入り、税抜、送料別)の第8回抽選を6月17日に抽選し、当選者を決定した。当選者は従来通り7万人。

シャープのマスク「MA-1050」

累計の応募総数は831万2,238人となった。第7回抽選販売の際は824万1,181人だったため、この回の新規応募は7万1,057人となった。前回の新規応募は約9.5万人、その前は約15万人だったので、週を追うごとに増加ペースが落ちてきている。

これまで当選者の7万人を超える応募が続いていたが、新規応募者数がほぼ並んだということもあり、このままの推移を維持すれば倍率は減少傾向に転換しそうだ。ただし、これまでに応募した方も抽選対象となっていることもあって、現状では当選倍率は100倍を超えている。

女性がシャープ製マスクを装着したところ

第9回抽選日は6月24日で、販売予定数量は8万4,000箱に増加する。同社では「当選倍率100倍程度に緩和すべく、人数を増加させています」と説明している。

応募するには、応募サイトで名前とメールアドレスを登録する必要がある。期間中、いつ申し込んでも当選確率は変わらない。毎週火曜日午後〜水曜日は、メンテナンスのため応募できない。なおすでに応募した方は、再度応募し直す必要はなく、自動的に次回の抽選対象。抽選日は毎週水曜日で、抽選対象は前日正午までに応募した分まで。

関連記事