倍率は以前100倍超

シャープ製マスク、1週間の応募増加数は約32万でペース下がる

PHILE WEB編集部
2020年05月22日
シャープは、同社製の不織布マスク「MA-1050」(2,980円/50枚入り、税抜、送料別)の第4回販売分を5月20日に抽選し、当選者を決定した。当選者は7万人。

シャープ製の不織布マスク「MA-1050」

第4回抽選販売の応募総数は778万7,472人だった。第3回抽選販売の応募総数は746万6,896人で、差し引きすると、この1週間での応募者像は約32万人だったことがわかる。その前の週の増加数は66万人を超えていたので、応募者の増加ペースが落ちてきている。これはマスクの供給量が多くなっていることも関係していそうだ。

ただし第1 - 3回に応募した方も抽選対象となっていることもあって、依然として当選倍率は100倍を超えている。

来週以降も基本的な販売の枠組みに変更はない。すでに応募した方は、再度応募し直す必要はなく、自動的に次回の抽選対象となる。

シャープ製マスクを装着した女性

抽選日は毎週水曜日で、抽選対象は前日正午までに応募した分まで。第5回抽選日は5月27日で、販売予定数量は7万箱。第6回抽選日は6月3日で、販売数量は未定としている。

応募するには、応募サイトで名前とメールアドレスを登録する必要がある。期間中、いつ申し込んでも当選確率は変わらない。なお毎週火曜日午後〜水曜日は、メンテナンスのため応募できない。

(※記事掲出当初、増加分を約28万と記載していましたが、約32万の誤りでした。お詫びして訂正します)

関連記事