幻の音源も収録

名作ゲーム『moon』の“完全版”サントラ、5時間超の大ボリューム5枚組BOXでリリース

編集部:押野 由宇
2020年05月26日
PlayStation用ゲームソフト『moon』の “完全版” サウンドトラック「EX-PO ’97 In memoriam the moondays」の発売が決定した。受注は5月25日から6月25日まで、発送は10月を予定。価格は9,020円(税込)+送料。発売元はMonkee Tamborine Record。

「EX-PO ’97 In memoriam the moondays」

全95曲、総尺5時間超におよぶ、CD5枚組BOX仕様のサウンドトラック。これまで未収録だった幻の音源なども収録される。

全95曲収録の5枚組

Disc1『REAL 「落ちた少年の物語」』には、1997年にリリースされた”MOON ORIGINAL SOUND TRACK”に収録されなかった初CD化音源6曲(フレディーのダンスミュージック、カクンテ人の儀式、バリバリ島のギャムランなど)を加えた全28曲を収録。70年代のブリティッシュサウンド、ヌーベルバーグ、エキゾチックミュージックからの影響が伺えるサウンドトラック集と説明されている。

Disc2『DIVERCITY TRACKS』 では、ゲームの都合上、歌があったがインストに変更した曲、ミックスを変更した曲など、原曲に差し替えた曲を集めて、本来リリースしたかったという形で収録した。加えてセロニア・スモンキースの「I kept promise to you」のリマスターバージョン、「KERA-MA-GO EX-PO MIX」を収録している。

Disc3&4『Moon Disc』は、当時のゲームハードの容量の事情などから、ゲームではモノラル音源であったMoonDiscを、マスターテープからリマスタリング、ステレオにて収録。ゲームに使用されたオリジナル音源としては初CD化となる。

Disc5『FAKE「竜と少年の物語」』では、完全新録による未発表曲ゲーム内ゲーム「勇者と竜の物語」用に当時完成させていた長尺のMIDIデータをサルベージすることに成功。スーファミ音源を意識したPSG+PCM音源をベースに、当時のシンセサイザーやドラムマシーンを模倣しつつ、現代的なスパイスも効かせたトータルコンセプトアルバムとなっている。

製品にはセロニアス・モンキース制作編集のオリジナルギフト3つも同梱。1つは豊富なアートと未公開ジオラマフォトを含む、全92ページフルカラーのアート&ダイアログブック「CONVERGENCE AND DIVERGENCE」。そしてMDプレーヤーとバーン堂取り扱いの32枚+ゲーム内に存在する4枚のMoonDiscに収納BOXを加えた、4枚のシートからなるMDミニチュア・ペーパー・クラフト「Moon Disc But Cool Disc」。

もう1つはBOXの楽しみ方が書かれたガイドフライヤー。裏面は「moon」のキャラクターデザイン担当倉島一幸と今回のグラフィックデザインを担当したイズタニ ケンゾウとのコラボレーションポスターとなっている。

また、モンキータンバリンストア購入者特典として、シリアルナンバー付きメモリアムカード「 Elegia Karta」が用意される。

関連記事