内蔵型ランバーサポートを搭載

noblechairs、シリーズ史上最大サイズのゲーミングチェア「HERO」

編集部:川田菜月
2020年05月20日
アーキサイトは、ドイツのゲーミングチェアブランド「noblechairs」より、日本初展開となるシリーズ史上最大サイズ「HERO」の販売を開始した。価格はオープンだが、予想実売価格は税込59,800円前後。

「HERO」

noblechairsシリーズで最大サイズとなるゲーミングチェア。大型の背もたれやフラットな座面、幅広のアームレストを備えながらも、スマートなシルエットを実現。内蔵型ランバーサポートなど独自機能も搭載する。

大型のハイバックスタイルで、人のシルエットに沿うようデザインされ、頭・肩・腰をしっかり支えるとのこと。また頭部にはメモリーフォームを内蔵し、高いクッション性を実現する。骨組みはスチールフレームで、推奨耐荷重は150s。

座面の横幅は最大52cmとワイド形状で、足を大きく開いて座わったり、座面の上に足を乗せるような座り方も容易だとしている。天面がフラットで幅広のアームレストを採用し、高い強度と安定感を確保。その他4方向(上下・前後・左右・斜め)への調節機能、ソフト天面、取り外し可能な仕様を備える。

ダイヤル式ランバーサポートを背もたれ内部に搭載。ダイヤルを回すことで背もたれの腰部分が前後にふくらみ、好みの位置に調節でき、フィット感を高められるとのこと。

また、リクライニング・ロッキング機能を備え、座面と背もたれが連動して可動。座面のレバーにより、背もたれの角度は90〜125度に調節できる。

表面にはシボ加工を施した合成皮革(PU/ポリウレタン樹脂性レザー)を使用。厚みは1.5mmで、一般的なソファやオフィスチェアと比べてシワが寄りにくく、また傷や擦れなどにも強いとのこと。座面と背中にはパンチング加工を施し、通気性を高めてベタつきを抑える仕様になっている。

背もたれ側面のストライプにはベロア生地、座面・背もたれのクッションには高密度モールドウレタンを使用。ネックピローとランバーサポートも付属する。

日本向けに欧米モデルよりも短めのガスシリンダーを採用。座面高は45cm - 51.5cmに調節可能(座面前部)。キャスター部はフローリングとカーペット両方に使える直径60mmのPUキャスターで、脚部の接触部分に設けたナイロンリングにyいる、イスを動かした時の音を抑える。

座面・背もたれのステッチや付属クッションのロゴカラーは、ブラック/レッド/ブルー/ゴールド/ホワイトの5色を用意。本体サイズは約1275-1340×670×550mm、質量は約29kg。

関連リンク

関連記事