キャンペーン効果で前月比10倍

au PAYの10億円還元、1日の上限が6,000ポイントに。2月24日から「還元の平準化」理由に

PHILE WEB編集部
2020年02月20日
KDDIは、同社が提供するスマホ決済サービス「au PAY」において、毎週先着10億円が還元される「誰でも!毎週10億円!もらえるキャンペーン」について、条件を2月24日(月)から変更すると発表した。

変更後は、1日あたりの還元ポイントは最大6,000ポイント/au IDとなる。

変更の理由について同社は、想定を大幅に上回る決済額で、2月10日の決済額は前月当日比で約10倍以上になるなど、au PAYが始まって以降過去最高となったものの、「高額商品等の決済による還元の偏重も一部で見受けられることから、還元の平準化を図り、より多くのお客さまに特典を享受いただくことを優先したいと考え」たため、と説明している。

期間中にau PAYで決済すると、20%分のポイントが還元されるキャンペーン。還元総額は1週あたり先着10億円としており、達し次第終了になる。auのユーザー以外でも登録すれば参加できる。

第1回は2月10日からスタートし、早々に上限の10億円に到達。2月12日に終了した。第2回は2月17日に開始したが、auによると、「好評につき、還元額が10億円に到達する見込のため」、開始当日の2月17日23:59まででというわずか1日で終了した。次回は2月24日に開始される。

期間中の還元は最大70,000円分で、2月10日から3月1日までが30,000ポイント、3月2日から3月22日までが30,000ポイント、3月23日から3月29日までが10,000ポイントとなっている。

au PAYを使える店舗は、エディオン、ジョーシン、ケーズデンキ、ビックカメラ/コジマ、ノジマ、ヤマダ電機など。コンビニはセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどで使用できる。そのほか大手ドラッグストア、飲食店、カラオケ店などでも使用できる。

関連記事