2月はメルカリでd払いを使うと最大20%還元

ドコモとメルカリが業務提携。メルカリ利用でdポイントが貯まるなど、両社IDや決済サービスの連携を強化

編集部:川田菜月
2020年02月04日
NTTドコモと(株)メルカリ、(株)メルペイの3社は、ユーザーの更なる利便性とサービス向上、キャッシュレス推進、新規事業の検討などを目的とした業務提携について合意したことを発表した。

業務提携により、両社の保有するID「dアカウント」と「メルカリID」を連携。それに伴いサービス面では、メルカリでの取引1回につき取引額100円(税込)ごとに1ポイントのdポイント還元をスタート。また貯まったdポイントを1ポイントあたり1円(税込)として、メルカリで利用することも可能となる。ID連携の開始時期は2020年5月を予定する。

スマホ決済事業では、「メルペイ」ウォレットと「d払い」ウォレットの電子マネー残高およびポイント残高を連携し、各社のサービスにおけるポイントのシームレスな利用が可能に。2020年初夏を目標に、両社の決済サービス加盟店の共通化および、共同での営業推進をはかるという。

このたび、3社の業務提携を記念して「メルカリでd払いを使うと+10%還元キャンペーン」を実施。本日2月4日から2月24日までの期間、メルカリでのd払い決済1回につき、決済手数料(1回100円分)のdポイントが進呈される。なお対象となるには、期間中にキャンペーンサイトでエントリーが必須。

さらにドコモでは、金・土曜日に対象サイトでd払いを利用すると通常ポイントに加えて購入金額の2%分を付与する「毎週おトクなd曜日」を実施している。今月限定でメルカリ利用時に必ず購入金額の5%分のdポイント還元が受けられるようになっており、上述のキャンペーンと組み合わせることで、購入金額の最大20%分がdポイントとして付与されることになる。

ドコモでは現在7,345万を超える会員基盤を持ち、d払い、dポイント加盟店は136万か所まで拡大。2018年4月から「d払い」アプリの提供を開始し、ウォレット機能やミニアプリ、コード払い、iDなど決済手段に対応するなど機能拡充を推進している。

メルカリは個人が簡単かつ安心・安全にモノの売買が可能なマーケットプレイスを目指し、2013年7月からフリマアプリ「メルカリ」を提供開始。現在では月間利用者数は約1,450万人、年間流通総額5,000億円を超えるサービスとなっている。メルカリで利用できる決済サービスとして2019年2月にスタートした「メルペイ」は、現在全国170万か所の店舗およびECサイトで利用可能。商品購入代金を翌月にまとめて支払うことができる「メルペイスマート払い」を導入するなど独自サービスも展開し、利用者数は2020年1月時点で600万人を突破している。

ドコモ、メルカリの両社は2015年4月にキャリア決済のパートナシップを締結、2019年4月にはメルカリの梱包・発送サポート「つつメルすぽっと」のドコモショップ内設置、同年10月に「メルカリ教室」を共同開催するなど、多くの取り組みを行ってきている。

今後はドコモショップでの「メルカリ教室」「つつメルすぽっと」の全国展開を目指すなど実店舗における連携強化も検討。これまでの取り組みのさらなる拡大を図るとともに、ID連携により国内最大規模の顧客基盤を保有するアライアンスを構築。さまざまなサービスを提供していくとのこと。

その他、各社が保有する各種データを連携させたfintechサービスや、新たなマーケティングや販促ソリューション開発など、新規事業の創出にも力を入れていくとしている。3社が持つアセットを相互に活用し、ポイントをシームレスに利用できる決済サービスを実現し、両グループのユーザーの利便性向上、また日本におけるキャッシュレス推進を目指し様々な事業を展開予定だという。

関連記事