HOME > ニュース > AbemaTVが劇場映画を初製作。森山未來/北村匠海/勝地涼ら出演のボクシング映画を冬公開

東映ビデオと共同製作

AbemaTVが劇場映画を初製作。森山未來/北村匠海/勝地涼ら出演のボクシング映画を冬公開

2020/01/31 編集部:小野佳希
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
AbemaTVは、開局以来初となる劇場映画作品『アンダードッグ』を東映ビデオと共同製作し、2020年冬予定で劇場公開およびAbemaTVでのプレミアム会員向け配信を行う。

主演は森山未來。共演に北村匠海や勝地涼

タイトルとなっている “アンダードッグ” とは、ボクシング界では “咬ませ犬” を意味する言葉。スターダムに駆け上がっていく選手たちの陰で “咬ませ犬” として踏み台にされながらも這い上がろうともがく崖っぷちのプロボクサー・末永晃を森山未來主演で描く。

メガホンを取るのは、「全裸監督」(Netflix)の総監督を務め、『百円の恋』(2014)では日本アカデミー賞、ブルーリボン賞など数々の映画賞を総なめにし、米アカデミー賞では外国語映画部門の日本代表にも選出された武正晴。オリジナル脚本を手掛けるのは『百円の恋』で日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した足立紳。その他、プロデューサー、音楽、撮影、照明、美術など『百円の恋』の製作チームが再集結する。

共演は北村匠海や勝地涼ら。北村匠海は児童養護施設で育った経歴を持つ成長著しい若手ボクサー・大村龍太を演じ、勝地涼はテレビ番組の企画でボクシングに挑戦する鳴かず飛ばずの芸人ボクサー・宮木瞬を演じる。出演者と監督のコメントは下記の通り。

■森山未來
リングに倒れたまま、そこを降りることも立ち向かうこともできず、身動きのとれない男。意識はあるのに動けない。

満たされない心だけがふらふらとさまよう。それでもいつかは立ち上がらなければならない。負けを自覚して、そこから前に進む道もあるのだと思います。お楽しみに。

■北村匠海
出演が決まった時は確実に自分への挑戦状だと思い、そのリングに上がらない訳がないと気持ちが熱くなりました。

龍太は何かを背負い、抱えているけど誰かの為に強い拳を前に突き出せる男。共にぶつかり共に立ち上がり共に成長出来たらいいなと思います。武監督のもと素晴らしいキャストの皆様と同じ時間を過ごせることがとても楽しみです。

■勝地 涼
台本を読ませて頂いた時、登場人物の男達のそれぞれの生き様に惹かれるものを感じました。決してクリーンでもなく、良い人でもない男達が描かれているのですが、その泥臭さ、人間臭い生き方が格好いいと思えました。挫折を味わいながら、人はどんな人生を選択していくのか?作品を通して、色々なメッセージを受け取ってもらえるはずです。

自分が演じる宮木については、“何者かになりたい”という想いを捨てきれずにいる男という印象です。芸人として才能がないことを分かっている男が、ボクシングと出会い、芸人としてどう輝くのかという所を大事に演じていきたいです。

どんな作品になるのか、楽しみにしていてください。


■武 正晴 監督
拙作「百円の恋」から6年。観ていただいた皆様のおかげで、再びボクシング映画に挑む機会を与えていただいたことに感謝します。

ボクシングになぜ魅せられてしまうのか。1ラウンド3分、1時間にも満たない試合に魅了されてしまうのは、リング上に人生の縮図を垣間見せられる刹那があるからだと考える。憎くもない相手と殴り合う因果のボクサー達にとって、リングという領域は勝敗を超えた何かを掴み取れる場所だと考える。

この非情の世界には「噛ませ犬」と呼ばれるボクサー達が存在する。対戦相手からも観客からも敗北を期待されているボクサーだ。初めから負けるつもりでリングに上がるボクサーは一人としていないはずだ。人生も同じだ。

そんな「噛ませ犬」と揶揄されるロートルボクサーが本作の主人公だ。5時間に渡るシナリオを、足立紳さんが1人で書き上げてくれた。必然的にこの素晴らしいシナリオに、素晴らしいスタッフ、キャスト、才能達が集結してくれた。主人公のロートルボクサー役の森山未來さんを筆頭に、ボクサー役の北村匠海さん、勝地涼さんの献身的なトレーニング姿は我々スタッフの力となり、作品の推進力となっている。彼ら3人のボクサーを取り巻く人間模様を描くべく素晴らしいキャスト達が集結してくれた。

タイトル「アンダードッグ」が「負け犬」という意味ではなく、人間の持つ底力、人間力の可能性を知らしめるタイトルへと変貌する作品に仕上げることが、自分の本懐であり、使命だと考えている。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE