快適な移動をサポート

トヨタの自動運転車「LQ」のAIエージェント「YUI」にAWAが連携。ユーザーに合わせて音楽レコメンド&再生

編集部:小澤麻実
2019年10月11日
トヨタ自動車が本日10月11日に発表したコンセプトカー「LQ」に搭載されたAIエージェント「YUI」。定額制音楽ストリーミングサービス「AWA」は、同サービスが「YUI」と連携したことを発表した。ユーザーの嗜好性に合わせた音楽ストリーミング体験を提供するという。

トヨタが発表したコンセプトカー「LQ」

トヨタの新コンセプトカー「LQ」は、自動運転やAIエージェントの搭載など「新しい時代の愛車」の具現化を狙ったものだ。AIエージェント「YUI」は、ドライバーの表情や動作から感情や眠気などの状態を常に推定。会話を中心としたコミュニケーションのほか、覚醒・リラックス誘導機能付きシートや、音楽・車内イルミネーション、空調、フレグランスなどの各種HMI(Human Machine Interface)を用いて働きかけ、 安全・安心・快適な移動を導くという。

2020年6月〜9月には、「LQ」の試乗会「トヨタYUIプロジェクトTOURS 2020」も実施予定。場所は都内 MEGAWEB及びお台場・豊洲周辺の公道が予定されているが、こちらの詳細は今後特設サイトにて発表されるとのことだ。
  • トピック
  • AWA

関連記事