機械学習など駆使

Amazon、偽造品撲滅プロジェクト「Project Zero」を日本展開。疑いがある商品をサイトから排除

編集部:小澤麻実
2019年10月09日
Amazonは、偽造品撲滅プロジェクト「Project Zero」を日本で提供開始したと発表した。

毎日更新される50億件を超える商品情報から、偽造品の疑いがある商品を検知・排除。またブランドオーナーに、偽造品の疑いがある商品をAmazonサイト上から削除できる権限を付与。これらのデータをもとに、Amazonの機械学習を活用し、偽造品検知精度を継続的に向上させていくという。

さらに、ブランドオーナーが自社商品の製造・発送の過程で固有コード(シリアルコード)を発行し、これをもとにAmazonで販売される商品の真偽を精査・確認できるオプションサービスも用意している。こちらは日本では2020年前半に提供予定だ。

「Project Zero」は2019年初頭にアメリカおよびヨーロッパ(フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、イギリス)でスタート。日本でも試験運用を開始しており、パナソニック、アイリスオーヤマ、任天堂、ソニー・インタラクティブエンタテインメント、アイロボット、川崎重工、タカラトミー、ダダリオなどが参加していた。

「Project Zero」は現在招待制だが、今後より多くのブランドが登録できるよう取り組んでいくとのことだ。

関連記事