システムソフトウェア「バージョン7.00」

PS4のリモートプレイが“Xperia以外”にも開放。パーティー参加人数は最大16人に増加

編集部:平山洸太
2019年10月07日
ソニー・インタラクティブ・エンタテインメント(SIE)は、PlayStation 4(PS4)のシステムソフトアップデート「バージョン7.00」を10月8日より提供する。


アップデートを行うことで、パーティーに参加できる最大人数が8人から16人に増加。またパーティーではネットワークの接続性、ボイスチャットの音質も改善される。

さらに、リモートプレイの対応機器が拡大する。これまでAndroid端末はXperiaのみだったが、Android 5.0以降を搭載したスマートフォンやタブレットで使えるようになる。従来対応していたiOS端末、Xperia、Windows PC、Macは引き続き対応する。

またAndroid 10搭載の機器では、ワイヤレスコントローラー「DUALSHOCK4」をBluetooth接続してのプレイも可能。iPhone/iPad/Macでは、iOS 13/iPasOS 13/macOS Catalinaにそれぞれアップデートすることで、Bluetooth接続でのDUALSHOCK4使用ができるようになる。

そのほかiPhone/iPadでは、リモートプレイ時に、コントローラーの常時表示が可能に。iPhoneでは画面の向きを固定することもできる。

関連記事